メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガのこと-年間アワード2012-

今年は時間がたつのが早く、マンガに触れる機会がどんどん減っているような気がします。

面白いマンガを発掘する作業も、メジャー情報誌やサブカル誌など多く取り上げるようになり、嬉しいのやら、寂しいのやら。

趣味で発掘しているのですし、個人の楽しみとして今年もやってみたいと思います。


本年度の傾向として、長期連載作品が増えた点とドキュメントマンガが増えたの2点です。

マンガバブルが落ち着き、商業誌のすそのが広がり、商品としての単行本(コミックス)が多数出版される昨今。

書店で置けるマンガの部数も限られ、人気商品を店頭やディスプレイし、新人商品の陳列が非常に隅に隠れる次第となっています。

マンガマイスターとして、背表紙から感じる作品の創造性が気になり手を取るわけで、置かれない事には触れる事すら...

寂しい限りです。

そんな中、はじめの一歩が100巻到達し、週刊少年ジャンプの作品の多くがが長寿。

新しい、血の入れ替えをするにも、編集部がそれを許さない。

メディアミックスの恐ろしさですかね。

もっと、もっと、新しいものに触れて行きたいそんな2012年です。


昨年の最優秀作品は「ましろのおと」でした。

相変わらず、面白い作品で引き続き愛読しています。

特にこれといった事は無いですが、2010年最優秀の「BTOOOM!」がアニメ化されたのが正直驚きです。

こうやって、評価したものが世に出るのがとても嬉しいです。


今回も選考に当たって、前回選考の目立たないけど面白い作品をチョイスしましたが、そのスタイルを継承しつつ、気になった作品も選考していきたいと思います。


以下が選考作品です↓


ヴィンランド・サガ
「幸村誠:週刊少年マガジン→月刊アフタヌーン(講談社)12巻刊行中」

北ヨーロッパのヴァイキングに生まれた少年の物語。

荒くれ者のヴァイキング育ちの少年が父の背中を追い戦の世界へ。

略奪、狂喜という、混沌の世界で少年は戦士となるが世界は彼を翻弄する。

登場人物の背景や心情が個性的に描き、各賞を受賞した歴史マンガ。


オールラウンダー廻
「遠藤浩輝:イブニング(講談社)9巻刊行中」。

高校生が異種格闘技の世界で泥臭く青春する作品。

けして、強くなく地道に練習し、人と出会うという普通なストーリー。

なによりも、細かな練習シーンや格闘のメンタルというリアリティーが面白い。

展開がテンポ良いので読みやすい。

(2010選考作品)


ばらかもん
「ヨシノサツキ:ガンガンONLINE(スクエア・エニックス)6巻刊行中※Webコミック」

都会人のハートフル田舎暮らしストーリー。

書道家の主人公がひょんな事から島流しとなり、慣れない田舎へ住む事となる。

そこで生まれた田舎の心温まる交流に触れ成長する様を描く。

荒んだ心が浄化される様な気持ちになる素敵な作品。


ヒナまつり
「大武政夫:Fellows!(エンターブレイン)3巻刊行中」

サイキックでバイオレンスでギャグな作品。

突如現れたカプセルから出てきた少女はサイコキネシスの持ち主。

それに絡まれてしまったヤ○ザの人たちは...

非道徳な中に道徳的なシュールさも併せ持ち、読んでいるうちに笑みがこぼれる。


秋津
「室井大資:Fellows!(エンターブレイン)1巻刊行中」

漫画家の父と、最悪な父に翻弄される息子の日常ストーリー。

横柄で天邪鬼な父の趣味の嫌がらせの標的とされる息子。

漫画家という特異な生活環境で、自然と大人となってしまう息子は...

「こんなのは絶対嫌だ!」満載の哀愁ギャグマンガ。



以上5作品がノミネート。



去年、一昨年と良作が溢れていたものの、今年は小粒で衝撃を得る作品は少なく残念。

名作となっている今のベテラン勢の勢いが強く、また、地震の影響か遠慮がちな傾向にもみえる。

その中で、持ち味を生かした作品を選びました。

選考からあえて外した、ラストイニング、グラゼニ、BE BLUES!などのスポコン。

王道な少年漫画がなく、銀の匙やハイキューと言った話題作はあえて未見として封じた結果...

本年度の最優秀は


「該当なし」


誠に残念としか言いようがない。

このブログを作るにあたり「このマンガがすごい2013」を見ましたが、このマンガで選ばれた作品にしても弱い気がしました。

勿論、「ヴィンランド・サガ」「ばらかもん」が下位ながら存在した程度。

その中でのノミネート探しは困窮を極めました。

正直、ノミネートした作品の「ヒナまつり」「秋津」が良作でイチオシ出来るぐらい。

残念ながら、今が旬と言えるものはありませんでした。


逆に新書を見た感じで、「奴隷区」「デストロ246」が気になる次第です。

ただのエロいマンガや、狂喜的マンガで終わってしまうかもしれませんが...


長く続ける価値のあるマンガ、マンネリし打ち切る必要のあるマンガとありますが、個性的で唸る様な作品を期待して、発掘して行きたいです。

映画観てきた。「アルゴ」「黄金を抱いて翔べ」「悪の経典」

どうも、ご無沙汰しております。

みなさん、オゲンコ?

おいちゃんは、意外と映画見たりでノンビリ過ごしている毎日です。


最近といえば、映画を見たり、映画を見たり、映画を見ています。


で、最近見てきた映画を簡単に紹介。


「アルゴ」

1979年に実際にあったお話。

CIAの諜報員がイラク国内の暴動で標的にされたアメリカ大使館の職員の救出劇です。

良くある、アクション満載のドタバタな感じではなく、ゆるりとそして繊細に描かれた、シリアスな話です。

救出に当たり、どうすれば暴動の起きているイラク国内に潜入し、脱出するのかという所が今回のお話のタイトルでもある「アルゴ」につながるわけです。

これ以上いうとネタバレが必至なので割愛します。


兎に角面白かった。

なかだるみする様な雰囲気はあったものの、終盤へのラストスパートは手に汗握ります。

是非、DVDで十分な音響等ですので、ごゆっくり見て貰いたい映画です。


「黄金を抱いて翔べ」

でた。

井筒節。

この映画は井筒監督の映画が嫌いな人は見ることすら嫌なはずです。

それ位の井筒節。


関西にある、大きな銀行に金塊を盗みに行くお話しです。

数人の男たちが盗むための計画と人員を集め、銀行へという話ですが...

それぞれの男たちには影があり、計画を練る最中から横槍の連続。

しまいには...これ以上はネタバレなので言えません。


内容が、出演者では図れないハードな事態になっており、原作があるものの、多くは井筒監督の主観でリアリティを追及したのかと思われます。

他の監督なら絶対に見せない、行間の様な部分も、しっかりと描き、あくの強さはハンパないです。


井筒ファン必見です。


「悪の経典」

和製サイコスリラーの傑作です。

この映画を娯楽映画として見るか、それとも純粋にホラーとして見るか。

この二点によって、意見は分かれるはずです。

私は後者として見ました。


あるクラスの担任の蓮見が自己の目的(快楽?規則?)の為に、自分に対しての脅威となるものを排除(殺害)していくお話。

証拠は一切残さず、計画的。


健全な青年教師の裏の顔はサイコキラーって言うのは恐ろしい位、際立ったキャラクター設定。

堪らないですね。

口笛を吹きながら、人を撃ち殺す様は過去の良き日のB級映画。

羊たちの沈黙のレクターをも思わせる、狂喜に徹したハスミン演じる伊藤英明の怪演。

これに尽きると思う。

出来るのであれば、映画館で見て貰いたい位の音響となっています。

最近のDSって

ここ最近、勝手な話ばかりで、DSの話すらしてなかったなぁ~

と、思って、最近のリーグ戦の話ほか。


まぁ、年々、長く続けてきているリーグ戦も上手にスタートダッシュが出来て、首位。

実際、ダントツの勝利って程の事は無いけど、辛くも勝利するケースが多くなった気がするな。

新加入の蓮見さんや、去年からの関根君、テツの運動量が今年は支えとなっている気はする。

勿論、オリジナルメンバーの活躍もある。

一節目のケンヂのラッシュもあり、初MVPとったわけですし。

ただただ、謙虚に言えば、守備が堅くなった。

試合も大崩れせず、1-0の試合が多い。

対戦相手も同じ強さってのも考えられるけど、内容が良くなった。

この調子で、2勝ペースが保てれば万々歳っ思ってます。



こっから先は自由に捕らえて貰いたい。

オイラ個人の考えなので。


最近、強いチームの試合を見る事があり、多々思ったのが、守備からのカウンターの重要性。

カウンターといっても、一気に中飛ばしをするロングパスでもなく、高い位置でカットしての速攻でもない。

自陣で守って、奪ってからの急ぎすぎないカウンター。

相手の動きをフルコートで追い回せれば、前に、前にでプレスをかければ良いと思う。

が、年をとりすぎて、走りたくても走れないのが現実。

攻撃と守備を分業する、2-2は中央が開くのとサイド攻撃が肝となり、イマイチ、DSには良くない気がする。

逆に、1-2-1も考え方が曖昧となり、2が守備を疎かにしかねないと思う。

何だかんだで、中央を上手に使えれば良いのだと思う。


攻撃にしろ守備にしろ、中を自由に使われるのが、一番嫌なはず。

シュートを打ってくる相手を必ずブロックしてコースを消す事が前提として。

中央で絞って守れれば、下手な小細工は相殺できると最近、目からウロコです。

シュートの角度が45度以上になればゴールの枠はGKの判断で処理が出来る。

すれば、横パスになる訳で、出してきたパスに対して中央で捕らえれば良いのだ。

勿論、マークは大事です。

ただ、マークにつられるとスペースを作るので、気を付けたい。

兎に角、狭くゾーンを保ち、跳ね返す事。

これが意外と重要。

で、攻撃。

前に前にパスを出すのが大事ではなく、早くて足元に出す横パスを横3等分に割ってのパス回しが良い。

高い位置でも、低い位置でも、上手く回して、相手が来ないならサイドからカットインして、中央でワンツーでシュート。

中央にパスが出せるなら、ポストに当ててワンツーでシュート。

これが、一番効くんです。

大事なのが、フォロー。

常にフリーな人が戻せる位置にいて、最初の3-1を作り直す事が大事。

勿論、無理ならゴレイロに戻すのも良い。


だから、次回の3節で初める前の30分を利用して話したいとか思っています。

良いか、悪いかは3節の結果でみたいかな。

コパヨシムラ...やっちゃいます。

どうも、メガネことヨシムラです。

お前ら、サッカーしたくねー?

俺、お前らとサッカーがしたくて、したくて、堪らんゼヨ!

って、ことで、サッカーしまーす。


以下詳細↓


日時:平成24年11月11日 13時~15時

場所:谷本公園サッカーグラウンド

最寄:田園都市線「市が尾駅」から徒歩10分

代金:1000円~2000円

雨天決行!嵐で傘がオチョコになるなら中止。

おやつ:300円まで(バナナは含みません)

格好:動きやすい服、むしろ、動ける服

※父兄が見学する場合、事前に連絡を下さい。



友人の参加は有難いです!

仲間内で行いたいので、仲間を呼ぶときは人数と名前をお知らせ下さい。

呼ばれなかった人、逆にオファーしてみて下さい。

歓迎します。


チームは2チーム。

全体で24名~26名募集します。

募集は数段階で行いますので、前回参加者とお馴染みメンバーへ選考としてメールさせて頂きます。

2013プーマカップ神奈川予選をみてきた

プーマカップとはフットサルのプロアマチュア含めた全国大会。

そこの神奈川予選大会に行ってきたわけです。

そもそも、行くきっかけとなったのは...

いつも入り浸っている、フットサルコート南町田インドア球S倶楽部のスタッフやお客さんが沢山出場するので見に行ったんです。

その中でも、南町田球S最強のお客さん軍団「オレモカフェオレ」と現マネージャー浅井さん出場の「アズベール湘南」をチェックに。

小田原のはずれの酒匂川の近くにある『小田原アリーナ』へ。


その日の目的はオレカフェの動画を撮影するのと、浅井さんの様子をチェックが目的。

第一の難関は撮影許可。

今となれば、問題は無かったのだが、オレカフェサポートメンバーの田原の助けにより無事、許可取得。

仲間であり、常連の蓮見氏と今回は完璧な映像をと硬く結束。


13時キックオフのオレカフェの試合が開始。

諸事情により細かい内容は割愛。

開始5分で3点をとるオレカフェ。

そのまま、前半終了。

後半、勢いが湘南蹴族へ傾きパワープレーなどで2得点。

最後の最後まで緊張感のある試合は3-2でオレカフェの勝利。

苦しい勝利ではあったものの、面白い試合展開に息を呑みました。


その後のアズベールの浅井さんは調子が悪かったのか、イマイチ、いつもの元気が無かった感じです。


次回の12/1(土)へ応援に藤沢に行ってくるかな!


今、大会もそうだが、オレカフェの練習風景や基礎トレを間近で見ているので勉強になる。

個人の基礎がチームの強みになると共にチームとして、各々が結束できれば1DAYチームでもやれる事は多いかも。
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。