メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画観てきた。「クラウド アトラス」

ご無沙汰しております。

桜の花が咲くのが早く、もう散ってしまうんじゃない!?って感じです。

久しぶりのちゃんとした更新でもしようかと!

映画観てきました!

しかも、長編!

トイレが怖いで有名な2時間越えの174分!

怖かったよう。

そんな映画のタイトルは「クラウド アトラス」。

映画の予備知識以前に、ウォシャウスキー監督が絡んだとならば、同士として観ておきたいと、言うのが心情。

で、観てきましたが...

難しい...

う~ん、難しい...

簡単すぎて逆に難しい...

では、簡単な内容。


クラウド アトラス -2013-(米)映画

同時進行で進む6つのお話。

一つは 1849年 南太平洋上
一つは 1936年 スコットランド
一つは 1973年 サンフランシスコ
一つは 2012年 イングランド
一つは 2144年 ネオ・ソウル
一つは 2321年 ハワイの辺り

1849年は奴隷貿易船でのお話。
1936年は同性愛者の音楽家のお話。
1973年は故意の原子力事故を告発する話。
2012年は兄弟喧嘩の末の監禁劇の話。
2144年はクローンの人権開放の話。
2321年は放射能汚染後に文明が衰退した世界の話。


それぞれの世界は交錯することは無い。

しかし、別世界で起きる危機的状況がパラパラと話が入れ替わる。

また、登場する役者がそれぞれの年代を別のキャラクターとして演じる演出がある。

と、言った所が特徴です。


全体としての一貫性は輪廻転生という形で整理されている感じがする。

ちゃんと繋がっているのはスコットランドの話とサンフランシスコくらいかな。

こんな感じで書くと、絶対に面白くは感じないと思う。

内容より、絵の美しさが全てと言ってもイイかもしれない。

マニアックなまでに、気持ちの良いカメラワークと映像編集、カット割り。

これのディレクターをした監督自身、凄く楽しかったはず!

ホント、マニアック!

オタク監督ならでは。

友情あり、愛情劇あり、冒険あり、サスペンスあり、アクションあり...

オムニバスと言うには贅沢すぎるセットに正直、愕然とするばかりでした。


映画って幸せな時間の冒険ですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/405-7c807b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。