メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽のこと セルフプロモーション

以前、インターネットの普及とオンラインマーケットの充実で日本と世界の垣根が無くなってきた話をしたと思います。

現在、音楽産業はCDの売り上げを伸ばすことが出来ず、後退を余儀なくされています。

商品で赤字を出さない為にも、無駄な在庫を出さない為にも、手元に残る商品としてのCDは廃れつつあります。

冒険をするならオンラインマーケット。

セルフプローモーションにより、趣味的な曲を身近にすることが出来る代わりに、プロなのかと疑問になる曲も出回るようになりました。

売れる曲を提供することで、似たような、聞いたことのある様なフレーズの曲が横行し、パクリ疑惑も多々あったり。


そんな中、ここ最近の流行の一つに『多人数アイドル』が目立ちます。

その中でもAKBを擁するキングレコードの存在は驚きです。

前年度の売上枚数が前年比125%だったそうです(2009年7月上から2010年6月末)。

そもそも、老舗のレコード会社(レーベル)のキングレコードは歌謡曲、児童向けソング、演歌など昭和初期を思わせる会社です。

テイチクやコロンビアなどの老舗の会社の一つですよね。

近年ではアニメソングを底辺でなぞる存在でもありますが...

で、ですね一番言いたい事は売上云々でも無く、『セルフプロモーション』が如何に重要かという時代になってきたと思います。


CMを見ると本人冠の番組でもない限りキングレコードはCMを流しません。

ましてや、プロモーション能力にかけてアーティスト任せな会社だと思うんです。

アーティストの受け皿として、他のレーベルから解雇された時の受け入れ先として暖かい存在らしいです。

が、実態は自主管理に近いものだと思います。


例を出すならば、キング→ソニーに移籍した「ザ・ピローズ」というグループが居ます。

彼らは数十年キングに在籍していましたが、知る人ぞ知るグループで大きく映し出される存在ではありませんでした。

売れたのはアニメタイアップ程度で、アメリカ西海岸で人気とか言うのは聞いたことが...

しかし、ソニーに移籍しプロモーションに力を入れて貰う事で、ソニーがスポンサーのCMで流されたり、ラジオでパワプレー。

あっという間に世間で聞かれる程度になりました。


話はそれましたが、そのプロモーションについてアーティストが如何に頑張れたかが今、大事になっているのだと思います。

ソニーみたいに親身になってくれるレーベルでなければ、セルフプロモーションをするしかないのです。

音楽の内容が悪くとも、本人たちの魂がセルフプロモーションとして実り、音楽不況の中を渡り歩いているのだと正直感心しました。


ちなみにソニー系列は大物をカットし、新人をプロモーションすることで活路を築きました。

しかし、会社のプロモーションが良くても、アーティストが操られるままでいるとパフォーマンスという形で赤っ恥になる事もあります。

是非、ライブやNHKの生演奏など、口パクが出来ない状況で聞いてからアーティストの本質を知る必要があると思います。


ついでに編曲についても触れておいた方がいいかなと思いましたが、またの機会に。


イチオシなアーティストは以前紹介した、カイリーかな~

少し、ティーンな目線でのメディアへの露出だと思いますが、しっかりした声で安心感のある歌に聴き応えを感じます。

是非、聞いてみて下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/378-5dea6d8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。