メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出ました、タニヤマシステムの巻

ここに来て、全勝とは...

監督をケイタにして、自主的にGKとなったタニヤマ君のタニヤマシステム。

全て、ウノゼロの4勝とはDSの底力恐るべし。

ただ、闇雲にタニヤマ君のGKと言うワケでもないんです。

勿論、カテナチオスタイルでもなく、カミカゼアタックでもなく。


ケイタの管理により、完全分業化して攻撃と守備をハッキリさせたのが良かったのかもしれません。
(個人的にはもっとパスの回る攻守の切り替えが出来る感じを目指してましたが...)

主なところで、ワシことトッツィを完全な守備専門にして、もう一人をサポートに付ける。

前へ攻撃的な2名を配置して、サポートとして残っている選手と連動を図りながら攻撃をする様なシステムなんです。


ただ、ザックリしたところでの戦術だから穴は沢山あるんだけど、タニヤマ君の元々のセンスの良さで完封出来た感じです。


関根君のバランス感覚と流れを読める落ち着きが、得点で活きている気がする。

勿論、フィニッシュをしっかりと決めた、ケンヂもヌッキーも良かったと思う。

運ぶ仕事となった、ケイタとMK2もバランスを考えて上手に守備をコントロール出来ていた。


しかし、穴なんですよ心配なのが!

中央に出来る、攻守分業の為に出来てしまう、パスを受ける要の重要スポット。

そこに攻撃専門が入れないんです。


反省と言う点で聞き流して貰えれば幸いです。


ケンヂの場合、足裏トラップを余りしないのが出せない理由の1つ。

そうなると、純粋に中央に降りて来るだけで、マークと共に来てしまいます。

足裏で止めないので、若干(1秒程度)リズムが遅れ、マークのプレッシャーを受けバタバタとしてしまいます。

勿論、全部を足裏とは言いません。

その肝となるエリアで仕事が出来ないと、折角のテンポ良い繋ぎが悪くなってしまいます。

ですから、<提案>「2タッチプレー」する気持ちで動いたらどうでしょう?


ワシも判断能力向上の為に最近、個サルではタッチ数を減らす様にプレーしています。

動きの量が多くなるので疲れますが、攻撃の向上の為には良いと思います。


ヌッキー(他のメンバーも)の場合、攻守の繋ぎをする動きのタイミングが良くないです。

経験の少なさが原因かもしれませんが、パスを出したい時に降りてこなかったり、位置が若干悪かったり。

ダイアモンド状のフォーメーションになった時、底辺の人がパスを出す際にサイドの選手がにマークと同じラインに居たらパスはカットされます。

フリーなら構いませんが、マークが付いているとなるとパスは出せません。

底辺に居る人とスイッチするつもりで、降りてくればマンマークでもなければ最終ラインに付いて来ません!

<提案>底辺の人とスイッチする感じで降りる動きをしてみてはどうでしょう?


言っているワシも、向上する為に、運動の為の個サルでは無く、技能向上の為に考えて頑張りたいと思います!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/372-9939b790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。