メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31日の出来事+α。

まさか、電話で決めてしまうとは・・・

↓がインテル会長のモラッティのコメント。


「ええ、今朝ラツィオの会長と電話で話しまして、そこから生まれたことなんですよ。いろいろと話し合って、結果的には今シーズンとりえあずウチでプレーして、シーズン後に買い取りを検討するという形で合意に達したのです。彼はとてもいい青年ですね。先ほど会いましたが、インテルでプレーできることをすごく喜んでいますよ。あとはすべて監督にお任せします。良い選手がいっぱい揃っているので」


レンタルで300万ユーロ。

買い取りオプションが1500万ユーロ。

誰のことかって?

ラツィオのマウロ・サラテです。


パンデフの件があったから、サラテを獲得するには相当もめる案件だったはずが・・・

まさかの電話して、ほぼ1日でまとめるとは思わなかったです。

ラツィオ会長のロティートってサバサバした性格とは思っていましたが、ここまでビジネスライクな方とはねぇ~。

でも、レンタルで300万ユーロは高いなぁ~。


30日の時点ではパラシオだったはず。

しかし、かなりハードな条件をジェノアが付けてきたものだから諦めたんでしょうね。

で、結局、ヴィヴィアーノとクツカのトレードで決着させたんですけどね。

簡単にパラシオの査定をしますと、下の様なコメントを参考にして・・・

「500万ユーロとGKエミリアーノ・ヴィヴィアーノの共同保有権で、FWロドリゴ・パラシオの獲得を望んでいるという。だが、ジェノアはパラシオにMFユライ・クツカの共同保有権を加えたうえで、1200万ユーロにヴィヴィアーノの完全移籍を求めているそうだ。」

ヴィヴィアーノとクツカをトレードしたのならば、1200万ユーロ=パラシオってことですか?

当初、800万ユーロで模索していたので、インテルはキャッシュで1000万超える買い物が出来なかった事になりますよね。


ただ、待てよ。

フォルランの獲得に500万ユーロを使用したのだから、サラテのレンタル300万ユーロとサントンの500万ポンド!?。

ポンドってユーロにするといくら?

たしか、1ユーロが1.5ポンド位だった様な~。

すると500万ポンドだから単純に、750万ユーロ。

合計すると1550万ユーロ。


パラシオが獲得できたんじゃない?

と、思ってしまいます。

むしろ、クツカの共同保有権と1200万ユーロという条件。

良く考えれば1200万ユーロ以下。

フォルランを獲得しても、パラシオ獲得できたじゃん。

それとも、パラシオには800万ユーロ以上の価値がなかったっていう事ですか?




と、言っています、わたくしですが取り入ってパラシオが欲しかったわけではなく、彼のルックスに惚れていただけですので・・・

あのラーメンマンヘアーはインテルに居るべきだと思うんです!

インテルの頭皮事情に新しい選手が加わる事を密かに楽しみにしていたのですが・・・

残念で仕方がありません。




さらっと触れてしまいましたが、インテルの未来がニューカッスルに移籍しました事についても残念で仕方がありません。

ダビデ・サントンがプレミアの地で活躍してくれる事を願いつつ、新しい希望のカルディローラ君とファラオーニ君に頑張って貰いたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/366-15494dd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。