メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA それぞれのメルカート

ビッククラブのメルカート(市場)は他の方の記事で情報を獲ていると思います。

しかし、ラツィオやローマ、ナポリ、ウディネーゼと言った、セリエをにぎわしたチームの記事は少ないと思う。

そこで、今回はその辺りにスポットを当てて話したいと思う。




ラツィオのメルカート


ご存じ、ラツィオ会長ロティートによるドケチ経営の為に毎年、地味な獲得しか行ってこなかったラツィオ。

しかし、今回はそれなりの動きを見せ、個人的には驚いている。

1人はジブリル・シセ。

もう1人はミロスラフ・クローゼ。

正直なところ、この2名を見て「スゲー」と思うのは私とラツィオのファンぐらいかもしれません。

近年の緊縮財政から見たら、このビックとは呼べないまでも名の知れた選手の獲得は久しぶりです。

当人でもあるロティートも大層喜んでいるコメントもある。

「彼らは、ラツィオを再びイタリアとヨーロッパのトップに戻す助けとなってくれるだろう。」

実際、ヨーロッパカップ用に用意した人員としてはベストだと思う。

あとはレヤ監督の堅守速攻にどのくらいで馴染むかが気になるところ。


主な獲得した選手

イタリア元代表のフェデリコ・マルケッティ(GK) 獲得金額 不明

ガラタサライからアルバニア人のロリク・サナ(MF) 獲得金額 不明

ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のセナド・ルリッチ(MF) 獲得金額 300万ユーロ ※コラロフの代替要員とのこと

ジェノアからアブドゥライ・コンコ(DF)獲得金額 600万ユーロ


主な移籍した選手

ユベントスへ移籍のスイス代表MFのシュテファン・リヒトシュタイナー 移籍金額 1000万ユーロ

ガラタサライ移籍のウルグアイ代表GKのフェルナンド・ムスレラ 移籍金 675万ユーロ


※冬のメルカートでコラロフを獲得したマンチェスター・シティーからの収入が今回の選手獲得の費用となっている。




ローマのメルカート


ちまたでは国際的な?取り組みを始めたローマに対して高評価しているようですが、個人的には腑に落ちません。

ただ、人員整理について非常に素晴らしいと思います。

腑に落ちない点、肝心のヨーロッパカップに出場する為の人員が不足しているのでは?と、言う点。

予選を突破しなければ、2チーム分の選手を保有する必要は無いのですが...

それにしても、主立った獲得はボージャン・クルキッチと監督のルイス・エンリケ程度。

マルコ・ボリエッロを正式に獲得したことはチームにとって良かったとは思います。

セリエでスペイン人監督と選手が活躍できるのか?を見てみたいと言ったところかなぁ~と、言う感じです。


主な獲得した選手

アヤックスからオランダ代表GKマールテン・ステケレンブルフ 獲得金額 632万ユーロ


主な移籍した選手

PSGに移籍したジェレミー・メネズ(FW) 移籍金額 800万ユーロ

ユベントスに移籍したマルコ・ヴチニッチ(FW) 移籍金額 1500万ユーロ




ナポリのメルカート


センセーショナルな前年度からキープレイヤーを放出することなく来シーズンに望めそうなナポリ。

シーズン終了後には前線の選手が移籍しそうな雰囲気すらあったにも関わらず、現在は監督も残留し安泰と言ったところ。

獲得について、ギョクハン・インレルをかっさらった辺りは来シーズンへの意気込みを感じます。

また、マルコ・ドナデルをフィオレンティーナからフリーで獲得したりと上手な経営を伺えます。

ただ、去年同様に大手を振ってシーズンを戦えるのか未知数です。

圧勝で勝ったり、あっさり負けたりの前シーズンから、しぶとさを身に付ければCLでも面白い結果が見られるかもしれませんね。


主な獲得した選手

ボローニャからミゲル・ブリトス(DF) 獲得金額 1000万ユーロ

エストゥディアンテスからフェデリコ・フェルナンデス(DF) 獲得金額300万ユーロ




ウディネーゼのメルカート


一貫して己を貫き通すウディネーゼの経営スタイルに感服する次第です。

前シーズンの出来過ぎとも言える、4位でのフィニッシュが今となって重荷になった感じもします。

国際舞台を夢見たユベントスが、国内のみのコンペにしか参加出来ずに来シーズンの足場固めに大量補強するなか...

多くの選手を売り抜き、最低限の人材で挑んだCL予選ファーストレグではニースに負ける事態となっています。

グイドリン監督がどんなに優秀でも、手駒の少なさで解決は難しいのかと思う次第です。

これから補強をするのか?

それとも純利益だけを求め、無理な補強はせずにセリエ残留を目標とした戦いに専念するのか気になるところです。


主な移籍した選手

バルセロナに移籍したアレクシス・サンチェス(FW) 移籍金額 2600万ユーロと出来高による最大1150万ユーロの追加支払い

ヴィジャレアルに移籍したクリスティアン・サパタ(DF) 移籍金額 800万ユーロ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/359-24efc8c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。