メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDみた。-トロン レガシー-

最初にお詫びと訂正です。

RYOくんのオシメンは7位の方でした。

たいへん失礼しました。


暑い中のサッカーは非常に危険ですので、気をつけてやらないとアカンですね。

正直、昼時のキックオフは成人した人間でもアウトでした。


それはさておき。

ここのところ、DVDを良く見る機会がありまして...

復習的に見た、「キルビル」や「シンシティ」はブルーレイで見るべきですね。

非常に絵の映え方がチャイます。

ゴーゴー夕張見たさに借りたものの、復習したことでタラちゃんの妄想活劇だということも理解できたわけですし。

最後の方の障子にブルーの背景でのシルエットの戦闘シーンはビリビリ来ますねぇ~。

シンシティは前配役に愛を感じますので、再確認とかはなかったなぁ~。


で、トロン レガシーですよ。

むか~し、むか~しの映画の続編で、米の国ではトロン2.0なるものを公開したとかゆーとりますが、続編です。

ホント、ディズニーは父親と息子の関係を描くのが好きですねぇ~。

本編の話にも少し触れてしまいますが...

失踪して20年も経つ父親との再会し、吸ったもんだがあって父さん大好きってぇ~のはさすがにねぇ~。

えぇ~っと、簡単にストーリー説明。


エンコンというゲーム会社の社長が父親で、20年前に失踪します。

その「父、失踪劇」がトロンです。

それから、20年後に息子が父親の失踪の原因でもある仮想空間への生身での移送をしてしまいます。

これが「子、脱出劇」がトロン レガシーです。


正直に言います。

凄いです。

映像が凄いです。

マジで、ガンツって呼んでも解らないくらい、トロンをガンツのアメリカ版と、したいくらいのガンツでした。

トロンのスタッフでガンツを作れば絶対に面白いのになぁ~。

正直残念、無念のガンツ。

トロン レガシー自体は面白かったので、見たい人は見ても損はないと思います。

ただ、設定が面倒な個所があり、ややマニアックです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/354-95cf5350
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。