メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメのこと -あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。-

UEFAチャンピオンズリーグも終わり、サッカー自体もお休みに入りました。

ふと、思い返せば「バルサ強いなぁ~」で終わった感じでしたね。


そんなこんなで、サッカーとはまた別のお話ですが...


皆さん、アニメって見ます?

ご存知のとおり、フットサルのブログが最近はマンガばっかでどうしようもないことになっている昨今。

今度はアニメですって。

ホントどうしようもない感じですよね。


ただ、言わせて下さい。


「あのはな」は面白いです。


通称「あのはな」こと「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」という深夜アニメ。

原作はなく、アニメだけに作った最近では珍しいオリジナルなお話です。

何が面白のかって言えば...

次の展開に進むたびに面白くなるところ!

昔と違って、現在は1クール(3ケ月)で話を完結させるTVドラマに近い感じの区切りで制作が主流。

大体、12話から13話で完結するので、原作あり作品だと「どこまで作るのだろう?」「12話で足りるの?」が、気になりがち。

「あのはな」はオリジナルな作品なので、完結までのカウントダウンにハラハラしながら見れる所が正直うれしい。

とりあえず、簡単なあらすじ。


幼い頃は仲が良かった宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道ら6人の幼馴染たちは、かつては互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスター

ズ」という名のグループを結成し、秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、それぞれ芽衣

子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、高校進学後の現在では疎遠な関係となっていた。

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。

芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを

探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた6人は再び集まり始める。

(ウィキぺより)


面倒なので、転記しましたが、こんな話です。


アニメ嫌いな方にありがちな、「オタクなはなしはチョット...」「ロリロリした女の子が沢山いるんでしょ?」がほぼゼロのノスタルジーな話なんです。

とてもセンチメンタルで、年がいになくトキメキを感じたり、キュンとする所が...

月9の様だったり、TBS系のセンチメンタルドラマな感じ。


「のだめカンタービレ」などの作品を放送している、大人が見て楽しめるアニメを作る制作スタッフが作っているので、楽しめるのでは?

木曜深夜25時あたりの放送なのでって言っても、後数話で完結ですので是非DVDで見てみてはいかがですか!?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/349-8fc52b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。