メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアセリエAを知ってもらおう(4)

現在のセリエAについての続きです。



南の水色大将ナポリ。


かの有名なマラドーナが在籍した、南の雄が彼ら。

イタリアのサポーターが一番多いチームで、ファンが熱狂的なことで知られている。

通称:アズーリと呼ばれているらしい。

現在、一番ファンタスティックな攻撃をするので、必見。

そう言えば、ユースにジローラモが所属していた事があるようです。


現在はこのフォーメーション 3-3-2-1 殆んど攻撃に参加してるじゃん



ピンクでマフィアなパレルモ。


本当は怖いはず、シチリア島のヤ○ザ者軍団。

しかし、怖い顔はミッコリとリヴェラーニくらい。

通称:ロッサネロと呼ばれているようです。

長らくのセリエB生活から脱却し、最近はAに定着。

思った以上の成績を残す事が出来ていないのが、現状。

最近はウディネーゼに7点決められる無様な姿が...

実際、打たれ弱いんですよね。


なんか中盤多めなフォーメーション 4-5-1 3-4-2-1 最近は攻撃の人数多いかも



俺たちって海の男サンプドリア


30年前は優勝したり、欧州カップで凄かったんですけどねぇ。

通称:サンプとかブルチェルキアーティ(青に囲まれしもの)と呼ぶらしい。

昔はマンチーニやヴィアリと言った、スペシャルな選手が多く在籍。

美しく強いサッカーをしていたのが懐かしい。

やっと、その時代に近づいたと思いきや、カッサーノ、パッツィーニが移籍。

また風は止んでしまった感じです。


本来はこのフォーメーション 4-4-2 でも、中堅クラブな現在は中盤の人数が多いかなぁ



働く街の男ジェノア


サンプドリアとは灯台ダービーをするライバル関係。

昔々は強く古豪のレッテルを貼られるイタリアの盟友。

通称:ロッソブルやグリフォーネと呼ばれているようです。

正直な所、これと言った特徴は無く時代の流れのままに進むのが特徴。

ですんで、トレンディーなチームなのかもしれません。

古くはイギリス人の作った商船のチーム。

ですから、イタリアではジェノヴァと発音が正しいのだが、英語読みをするんです。

ホントに古豪で優勝回数も9回と多い。


雰囲気的にこのフォーメーション 3-4-3 前がワイドなのがトレンド!?



スカウトの鬼ウディネーゼ


上記のとおり、育成が凄いのではなく先見の眼が光るんです。

通称:ビアンコネッリ、ゼブレットと呼ぶのだそうだ。

多国籍にスカウトを配備し、若い選手を集め、高値で売る。

これが、このチームの美学。

ですので、優勝と言うものを経営陣は考えていないのです。

ですが、底が無いのがこのチーム。

堅実に、チームの肝を補い、ブレる事が少ない。

実際、徹底したカウンター戦術を用いる。

今年は凄く仕上がりになっています。


基本の基本のフォーメーション 3-4-3 中盤の形がダイアだったりフラットだったり



まだまだ続く、セリエAの世界...
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/340-fb6fcb78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。