メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアセリエAを知ってもらおう!(3)

どうでもイイ話が続くのもアレなので...

現在のセリエAのチームについて。


ビック3(と呼ばれていた)時代、ビック5(と呼ばれていた)時代、ビック7(と呼ばれていた)時代がありましたが...

現在は1強多弱でしたが、今季はカオスに突入。

何故だか知りませんが、いつもの下位グループが今季は頑張ってます!

まぁ~その前に順を追って話しましょう。


国内の人気者ユベントス(ユーベ)。


その昔、ジダンが居たり、ネドベドが居たり、バッジョが居たり...

兎に角、気位が高かったわけです。

通称:シニョーラ「老貴婦人(イタリアの貴婦人)」やビアンコネロと呼ばれています。

つい昨今、不正のため2部に落ちて、娼婦呼ばわりされていた時期も...

現在は相も変わらず、フィアットグループが彼らをバックアップ。

と、言うか既に家族です。

フィアットグループにユベントスがいる様なものです。

昔からの雰囲気のフォーメーション 4-4-2フラット



南の暴れん坊ローマ。


血の気の多い為か、なんだかロマニスタ(ローマファン)は怖いです。

基本、首都ではありますが...田舎くさいのが気の毒。

通称:ジャッロロッソ(黄赤)と呼ばれています。

最近はお金がなく、ホントにお金がなく...選手が居ません。

が、動の戦術で動く動く!

怒涛の連携でゴールまでなんてシーンも度々。

ですから、モティベーションが下がると弱い。

最近のハマリのフォーメーション 4-6-0のゼロトップ



水色の南風ラツィオ。


こちらもローマと同じスタジアムを使う血の気もあるし乱暴者。

何かとウルトラスが問題を起こす、若干ダーティ...

通称:ビアンコセレッティと呼ばれているらしい。

こちらは数十年前は悪の権化の様なクラニョッティ会長が金で勝ち星を稼ぐ悪党でした。

だって、シーズン前に審判に腕時計を贈る賄賂の常習犯。

受け取らない審判も居たとかって、普通は受け取りませんがイタリア人なので...

今やドケチのロティート会長になり、賃上げ請求したらクビにしてしまうコストカットマンです。

その為か...最近は物足りない...何かが足りない...

ですが、今年は中々の好調ぶり。

殆どがこのフォーメーション 4-4-2 前線カウンター要員



美の都はエレガント、フィオレンティーナ。


知る限り、美しいサッカーをする色気のあるチーム。

通称:ヴィオラ(紫)やジリアーティ(百合の人)と呼ばれている。

感覚の話ですが、ここのチームには美のマエストロと戦士が混在します。

美のマエストロとは司令塔のこと。

得点の発生源やゲームの起点がいつもいる。

昔はルイ・コスタで今はヨヴェティッチ。

戦士はバティストゥータから今はジラルディーノ。

スタイルは違えど今も昔も変わらず、イタリアの最先端。

変幻自在なフォーメーション ?-?-? 全体的にワイドでサイドえぐる



次回に続く...のか...ちなみにインテルは最後の最後...
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/337-2670f97c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。