メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアセリエAを知ってもらおう!(1)

以前から思っていたことがあります。

ここ最近、世界最高峰リーグから遠く及ばないリーグと変貌したセリエAを再確認してもらおうと...

良く考えれば、今も昔もセリエの戦術的な面ではあまり大差はないのです。

どうして、10年前セリエAが最高峰と呼ばれていたのかを。

それは簡単。

移籍市場のど真ん中にセリエAがあったのです。

現在はイギリスのプレミアリーグが最高峰のリーグでしょう。

移籍も活発で、最新の戦術やスピーディーな試合展開は見ていて楽しいはず。

一昨年くらい前は最高峰をスペインのリーガエスパニョーラでした。

こちらは技術で1対1の攻防など、見る人を酔わせました。


そんなセリエが今、陥落し上から数えてギリギリ3番目なのです。

もはや、ドイツにいつ追い抜かれても可笑しくはない状況です。

少しでも、セリエの魅力を知ってもらおうと...


まず、試合中継を見て貰って何が面白いのかと、言う点。

正直、試合を通して面白い事は余りありません。

むしろ、観客のパフォーマンスが面白い時が多いくらいです。


観客のパフォーマンス①

巨大な横断幕。

ダービーと呼ばれる試合での客席を覆いつくす横断幕で、相手チームをコケおろす。

ミラノダービー(インテルとミラン)やイタリアダービー(インテルとユベントス)、ローマダービー(ローマとラツィオ)など。

イタリア人の書く横断幕のセンスは凄い。


観客のパフォーマンス②

発煙筒の点火でスタジアムがもくもくしてしまう試合がしばしば。

現在はセリエの荷物検査が厳しく持ち込む事が困難な様子。

現在はセルビアやロシア圏での発煙筒が有名かも。


他にも、スタジアムで相手サポーターの原付を燃やしたり、バスを襲撃したり...


基本的には試合外の内容で楽しんでいるところもあったり。

イタリアのサッカー記事が、試合に関することよりも選手個人のスキャンダルに絡ますことが多いんですよ。

いわゆる、三面記事を見て、試合を見るとより面白いんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/331-dbdad295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。