メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガのこと-BLACK LAGOON-

ヤフーのトップページをよく見ていて思うこと...

それは「大人もはまる○○」「今知らないといけない○○」という見出し。

そこにはアニメにって書いてあったり、マンガ、ファッション、音楽、その他カルチャーがある。

たまたま見ていた時に、「BLACK LAGOON(ブラックラグーン)」がそのトップ項目になっていたので...

と、言うか...BLACK LAGOONは業界では既に人気だし、今更感があるのでねぇ。

紹介ってほどでもないんです。


BLACK LAGOON(9巻刊行中)広江礼威。

アジアスラム街のガンアクションって言えばいいのかな?

正直、ガンアクション意外に説明はないのですが...

この作品の面白さは悪者の巣窟の中で、元普通の日本人が読み手と同じ目線で描いてあり登場するキャラクタ―の個性にある。

特に三合会(トライアド)と呼ばれる3つのマフィアの存在と、そのマフィアから依頼を受けるラグーン商会一味の存在に限る。

何より、今日は味方でも明日は敵となるサバイバルな所と、非日常の中にある日常のユルさにある。

どのキャラクターも、腹にイチモツを抱えており過去との対峙がまた面白い。

DVDになっているアニメはハッキリ言って秀逸。


と、言ってみたものの...ガンアクションなので好き嫌いはあるでしょうね。

あと、ガンアクション繋がりで面白いのが、

「ワイルダネス」「ガンスミスキャッツ」「RED」「ヨルムンガント」「トライガン」。

他にもありますが、この辺りが読んでいて面白かったです。

簡潔に言えば、

「ワイルダネス」伊藤明弘 純粋にマンガ描写のアクションが凄い。

「ガンスミスキャッツ」園田健一 ガンに関するリアリティとカーアクション。

「RED」村枝賢一 ストーリーの面白さと感情描写。

「ヨルムンガント」高橋慶太郎 武器商人の身も蓋もないコメディ。

「トライガン」内藤泰弘 ファンタジーガンアクション。


特に「ワイルダネス」と「ガンスミスキャッツ」は好き者なら読むべき作品。

両作者はガンギミックやガンアクションの近代のパイオニアだと思う。

その中でも「BLACK LAGOON」は美味しい所だけを持ってきた作品。

この作品に出会えて良かった系です。

まぁ~ほっといても読んでいたでしょうけど。

良ければ複数ありますが、読んでみて下さい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/312-97d7e2ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。