メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガの実写化

ここ数年、マンガの実写化が多い。

TVドラマにしろ、映画にしろ。

原作作家が既に死に絶えたかのような、あり様。

ワシは小説は読まないし、読めない。

だから、多くは言えないと思う。

それにしても、マンガの実写化が絶えない。


実写化については賛成する。

マンガ家にとって、TVドラマ、映画化は誇れるステータス。

それに、少なからず収入も見込める。


ただ、あり得ない失敗はマンガ家にとって不名誉である。


ある程度の知名度のあるマンガ家なら、救いようがあるが...

知名度の無いマンガ家にしてみれば泣き寝入りでしょう。

中途半端な名前の売れ方が仇となるからだ。

と、不満の念をブチマケてみた。


上記を読んで、お前何様だと思われるが、マンガの心配ではなく映像化関係者の知恵の無さに不満なのである。


小説の映像化はイメージの具現化で、小説の読み手によりイメージの不一致があると思う。

しかし、マンガは既に絵コンテとして出来上がっている。

この時点で、映像関係者の手間が格段と減っているのだ。

後は託された編集作家と音やカメラワークを決める監督次第。


こうなると、イメージの不一致ではなく映像の不一致が出来てしまう。

アニメーションだと技法や加工で直して不一致を減らしている。

それに、原作を大事にしてくれている気がアニメーションにやや感じられる。


監督は成果を出せないと、次回の仕事に反映されない。

また、原作と同じままであれば監督の手腕は評価されない。

イジればイジるほど、ファンの監督への当て付けは大きい。

そう考えると、デメリットばかりなのである。

監督の個性はマンガ原作の場合、仇となる結果が多い。


マンガの原作者も何かしらの映像から、物語を作っているはず。

少なからず、何かのオマージュであるのは避けられない。

そのネタが、映画なのかドラマなのかまたは別のマンガなのか...


そんな状況での映像化が完全なる成功を納める事は少ない。

特に、日本の緻密なマンガを実写化したとしても、ボロを出すのが関の山である。

だから、マンガのネームバリューに頼らない、「元になったネタとしてのマンガ」を推奨したい。


例えば、「世にも奇妙な物語」。

あの作品の殆どが、短編小説などを練り直して作っている。

その手法なら、名前が違うのでダメージも少なく、原作者に気を使わなくて済む。

また、「あの映画、TVの元ネタはこのマンガ」的な広告も打てる。

勿論、原作者の収入にもなる。

その方法なら、監督の表現の冒険にも付き合えるし、原作の比較の仕方も変わる。


どうだろうこの考え?

自分で書いていて、妙な納得感があるので誰か転記してもらいたいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/299-19bbcd95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。