メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画みた。-アイアンマン2-、-いばらの王-

えーっと、リーグ戦は...

次節、頑張りましょう。


で、久しぶりに映画館で映画みました。

2本見て、1本は「アイアンマン2」もう1本は「いばらの王」。


ひと月まえに公開していた「いばらの王」が、近くで観られるようになったので...

原作の漫画を既に読んでいる状態でしたが、記憶が途切れ途切れで、意外に新鮮。

ちなみにアニメ映画です。

原作通りで、始めてみる人も理解できるはず?な内容です。

まぁ、理解できない場合は原作通りなので、読み返してもらえればと思います。

なんにせよ、原作が面白だけに、映画も余計なことしなかっただけ良作です。

技術面で1つ言わしてもらえば、アクションシーンの切り替えた時の3Dモデリングが雑。

アニメ3Dモデリングの数年前の技術そのままで、ハサみこんでるだけに、顔や腕脚がツルンと...

簡単に言えば、「アップルシード」の3Dモデリングと同じ。

その辺が国産の納期過敏現象の憂鬱なところなのかなぁ。

どうしても、○○駿や○○守の納期上等・納得の完成度であれば文句の言い様がないのですが...

※補足:○○守は意外に納期に忠実だが、完成度にうるさい

是非、映画館でと言いたいですが、もう上映終了間際の様ですのでDVDで!


と、「アイアンマン2」。

なんですかねぇ~。

ザ★アメリカ!USA一色。

前作は最高だっただけに...

今回は...いえ、...今回も最高です。

頭の悪い感じが、満載の前回同様、力で全てを押し切る出来です。

雰囲気で言えば、「スパイダーマン」シリーズ。

音、映像、演出、全てがアメリカンテイストでの安心感で体感できます。

W杯で言うなら、決勝戦がブラジル対ブラジルの様な感じ。

面白くないわけがない。

なんでしょう、映画でもアメリカって国を大事にしているなぁ。


で、若干内容に触れます。

前回が起承転結でいう、「起」であれば、今回は「起→承」な感じ。

解りずらいところで言えば、シールドなる組織。

サミュエル・ジャクソン演じる組織の使者が、よりアメコミのアイデンティティへと導きます。

実際、見ていて理解できなかった事はヒーロー連合なる組織の存在。

急に出てきて、「父上からの導きが助けになる」的なヒントを授けるワケです。

が、「あんた誰?」と、理解不能と「サミュエルだぁ↑」とテンションアップです。

なにしろ、ワシの大好物なサミュエルが出てきて、この上ないアイパッチ姿。

アメコミの方登場したぞと、非現実に引きずり込むわけです。

この時点で、現実と非現実が切り替わり「バットマン」から「スーパーマン」に切り替わります。

言わんとしている事は、「世界の1人」から「選ばれた1人」になった様な感じ。

リアリティが大幅に減少し、現実(現実ならそうなる)から非現実(フィクション)となり感情移入がなくなります。

主人公の気持ちは完全にヒーローになったなぁとなります。

まぁ、それでも面白いですけど...


詳細に関しては映画館で観て下さい。

DVDでは勿体無い臨場感ですので、映画館で是非観て下さい。

レイトショーに多数の外人が来て、すぐ近くの外人と同じタイミングで笑っていたのが嬉しかった。

本場のアメリカンジョークと交わえた事にUSAの仲間入りが出来るのではと...

ちなみに、ブラックジョークで笑ったので完璧です!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/272-16d3fa23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。