メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画見た。アバター編

見ましたよ!

3Dでね。

立体映像ですか?

飛び出す映像でしたっけ?

迫力の映像美というだけあって、まぁ綺麗ですね。

今更、感動はしませんでしたねぇ。

そもそも、「イングロリアス・バスターズ」を見ようと思ったらやってなかったのよ。

ですんで、テンションは微妙。

それと吹き替え版で見ました。

内容が頭から入ってくる。

そこはレイトショーなのに有難い。

内容は言えませんが、アメリカ人の作ったジブリ作品といった感じ。

端々に、「ナウシカ」中心の「ラピュタ」があり「マダガスカル」「ライオンキング」が入り混じる。

ジェームズ・キャメロンの割にセンチメンタルな内容で「ディズニー制作だっけ」と思う節もあった。

まぁ、吹き替えでの演出が中国っぽくなっていたので、イメージがアフリカの奥地というより、東南アジア、ベトナムな感じです。

もろ、かた言の喋りがインディアン系中国人。


今回の注意事項は3Dメガネです。

メガネの上にメガネをするには300円払って、メガネ用のメガネを購入するしかないのです。

買いましたよ。

そして、付けましたよ。

装着感最悪。

目の上にアームがチラつくのでイライラしますが、10分で慣れます。

上映して、15分の映像で飛び出す映像ビビりが終了します。

2時間30分ぐらいの映画ですので、目が疲れます。

一番気になったのが、映像効果です。

2Dを見ていないので、何とも言えないのですが...

手前側に見える映像が、以上にボヤけるのです。

特に、樹海のなかの聖なる木でしたっけ、聖健伝説で言えば「マナの木」です。

それの垂れてるピンクの鬚がい様に手前側でボヤける。

演出なのか、私だけメガネのメガネでフレームアウトした部分がボケているのかが、気になる。

まぁ、気になっただけですけど。


後、2Dと見比べてみたいと思いました。

前述のピンクの鬚がどう演出してるのかや、3D用に映像を作っていたのか...

それとも2Dに後から仕込みで3Dマスクをかけたのか?

どちらにしても、3D用の映像でここは立体にしたいという思惑があるはずなので...

技術的に気になる所が多かったなぁ。

3Dに関してはFFとかわんないんじゃないかな。

ごまかしている所があるので、そこら辺はジェームズも手を抜いたかなと。

技術的には3D用の映像が凄いだけだなぁ。

日本の3Dも技術差がなくなってきているね。

後はマンパワーと金ですね。


次はDr.パルナサスの鏡が非常に楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/245-41eac805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。