メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリスタの悩み。

今期が始まり、セリエも2節消化。

ミラノダービーも大勝でご満悦である。

が、心配はカンビアッソ不在だ。

不在の影響は思った以上の事は起きていないが、心配は多い。

急務として獲得した、スナイデルは今後も期待できる。

しかし、器用はトップ下だ。

肝心のレジスタ、ボランチのポジションにはデヤン・スタンコビッチが入った形となった。

そもそも、攻撃的でシャドウストライカーの色が強いデヤンは対になる存在が必要だ。

今回のダービーでレジスタのデヤンとトップ下のスナイデル、サイドににモッタとサネッティが入った。

実際、モッタがレジスタなのかと思ったが試合が始まると最後尾はデヤン。

しかも、動き方が解らない様子でボールを持っても横にすら叩けない始末。

終始、デヤンへのサポートがないまま、モッタ、サネッティは窮屈そうにプレーをしていたように見えた。

が、その中で得点したモッタの得点シーンは美しかった。

これは評価したい。

まぁ、このレジスタの位置についても単純に連携の整備が出来ていないのなら、2週間のナショナルデーの間に改善されるのを期待をする。

でも、2週間後にはCLが始まるのである。

初戦はバルサだ!

スナイデルが練習なしで試合に使える事を知ったので、セリエで十分な成果を出せると思う。

が、カンビアッソ復帰までの半年間をレジスタ不在で出来るのだろうか?

万が一、CL予選リーグ敗退であれば泣くに泣けないのがファンでだ。

スタンコビッチのレジスタで、そこを突かれてバルサに負けるようなら、モウリーニョには失格の烙印が押されるだろう。

それだけ、危ないシーンの助演するデヤン・スタンコビッチがいるのだ。

せめて、バルサには一泡吹かせて、今年の意気込みを見せて貰いたいものだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/228-b9efaafc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。