メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルチョな人:フィレンツェ三人衆

3人衆と言っても、何のことやらと思いますがフィオレンティーナを支える(た?)のが彼ら。

ジャンパオロ・パッツィーニ(24)、リッカルド・モントリーヴォ(24)、マルコ・ドナデル(25)です。

彼らはこれからの代表を引っ張って行く世代なのですが、ジラルディーノやデ・ロッシなどのインパクトある選手の陰に隠れがちです。

実力はあるんですけど、目立つことがあまりない。


パッツィーニはジラルディーノにポジションを奪われ、現在はサンプドリア。

しかし、ここ5試合で3得点と好調。

まぁ、どこでも上手に馴染む事の出来る選手なのでそこは心配ないですが、器用貧乏にだけはならないで欲しい。

FWの全ての基準値を満たし尚、守備に貢献する等の積極性は現在のイタリア代表には如何でしょう?

プレー的にはインザーギよりジャンルカ・ヴィアリが近いかなぁ。


モントリーヴォはエレガントな選手だそうで、バッジョ→ピルロ→モントリーヴォ?と言った、ファンタジーな選手の系譜。

プレーや得点シーンは見る人を虜にするそうですが、実際は良く解りません。

個人的にはトップ下が良く似合う選手で上記の偉人というよりモルフェオを思い出します。

ですので、モルフェオ2世と呼びたいと思います。

試合にアクセントを加えるワサビ、カラシ、ショウガなどの選手ですね。


ドナデルは伸長こそないが良く走り、ボールを奪い、前に繋ぐDHです。

ミドルシュートやロングフィード、シャドー的な動きなど、このポジションでは問題が見当たらない存在。

元々はレジスタ(ボランチの様なもの)としての成長を期待された存在でしたが、チーム事情等でクラッシャーへと変貌。

が、彼はマティアス・アルメイダの様なアグレッシブであり、エウジェニオ・コリーニの様なクオリティーもある。

現在、このポジションは多くの選手が存在しているから世に出るには何かの後押しがないとなぁ。

ピルロ代表引退や、デ・ロッシが怪我、バロンボやアクイラーニも怪我しての順番でしょう。

まだ、ガッちゃん(ガットゥーゾ)も要るしなぁ。


そんな彼らに幸あらんことを。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/195-b2b514e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。