メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移籍市場について

今回は国際マッチ(ユーロ、トゥーロン、オリンピック)と移籍市場(カルチョメルカート)について。

まぁ、度々の様に「インテルがどうした」とか、「ジョゼがどうした」とか書いてきましたが、視点を変えて国際マッチで見える市場。

ちなみに、代表の試合はあんまし興味ないです。

じゃぁ、何故国際マッチかというと、品評会なんですよ。
その品評会で、良い選手は価格が上がるし、逆にヘタコケば価格が下がる。

そうなると、輸出市場で大人気、ポルトガル、スペイン、オランダ、フランス。
ここ最近の市場はこのチームが熱い。

ポルトガルは、ポルトが降格したため選手の売却が促進。
そこには、宝が沢山。
ベンフィカも普通に優秀な選手多いし。

スペインは、バルサ、バレンシアが方針変更の為入れ替えが行われる。
後者はチームを縮小しないといけないし。
高いサラリーの選手は高く売りたいでしょうね。

オランダ、フランスは、いつも市場のど真ん中。
優秀な若手の宝庫とあって、今のうちに唾を付けとこうと思う国ですね。
国内のサラリーに限度があるから、ある程度で出てくよね。

で、全てにおいて成績が良ければ価値が高騰する。
国際マッチ前の現在交渉中の選手が、国際マッチでの評価が高くなり、予想価格より高くなると、諦めたり、裏技を使う。

裏技は選手をたぶらかす方法です。
新しいボスマンルールを使用すると、選手がそのチームに違約金を払えば移籍出来るといったルール。

そのルールだと、確か移籍金が免除されたような?
その前に面倒な事せずに、保有チームはある程度の移籍金で最終的には合意するよね。

で、調子の良い、ポルトガル、スペイン、オランダは高騰は必至。

ポルトガルは全ての選手が対象になるので、非常に困る。
大体どの選手も(例外はいるが、C・ロナウド)市場価値約20億(売値30億)ぐらい。ちなみに若手で言えばモウチーニョ、クアレスマ、アウベス、ミゲルなど。
チームの状態もあるが、平気で30億オーバー40億以上を提示したりする。

ちなみに、MFデコはオーバー30の為、値切られるよね。
でも、同じ条件でもDFのカルバーリョは値切れない。
ポジションの選手寿命が違うもんね。

スペインはアルベルダ、シウバなどバレンシア系がたくさん。
シャビ、イニエスタあたりも出荷予定。
でも、ビジャが面白いよね。
下手すると、60億以上が出るよね。
市場が40億程度の50億未満。

選手+移籍金はバレンシアだと皆無でしょ。
インテルで言えば、バロテッリのレンタル+30億で移籍交渉の権利つきで何とか交渉のテーブルかな。

トーレスの条件が面白かったなぁ。
成果支給方式。
シーズンの5得点刻みで、ペイを出す。
今年30得点ぐらいだから、○億×6の数億をアトレティコに支払ったらしい。

オランダは今回の戦術ありきなトコもあるけど、確実にファン・ペルシーやファン・デル・ファールトは高騰ですね。

去年ユーベが高くても、後者を手に入れてればねぇ。
今、+10億でしょ。
当時40億で買っとけば!

後はフランテラールですかね。
全て40億以上でしょ。
今回ので、皆、+5億はフッカケられるかなぁ。


個人的な所だと、ロシアのアルシャフィンはクラブチームのゼニトの事も考えると、プレミアで見たい選手だなぁ。
実際見てないので、結果ありきで言ってます。

追加報告。
インテルはFWを獲りません。
放出のみです。
アドリアーノがスタメンに入りました。
クレスポが落選でしょう。

フィーゴ残留。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/153-f15f0add
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。