メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウンター主体のアラ。

今回は「アラ」について。

ちなみに「ピヴォ」はポストマンを指す事だとなんとなく解るけど、「アラ」って解らないんだよね。
サイドプレーヤとも違うし、持ち上がる人ってのも少し変だし。
まぁ、そんな微妙な仕事のポジション。

仕事的には守備も攻撃も共に出来ないといけません。
逆に言うと、自由度の高いポジション。
しかし、周りを良く見てプレーしないと孤立するポジション。
それだけに仕事量は沢山。

まず、基本から。

逆サイドのアラと一番底にいるフィクソの位置を確認し、逆サイドが上がれば、下がりフィクソのフォローをする。
逆サイドが下がれば、上がり高い位置で貰えるポジションを取る。

これが、よく言う「底で回す」。
トラップ、パスので行い、たまにアクセントでダイレクトパスをしたりすると効果的。

状況により、同じリズムだと相手に読まれるので、たまに下記の様にアクセントをつける。
底でのパス回し中、フィクソにボールを戻したと仮定する。
fr-02

フィクソからボールを貰うため、上がりつつ中央に切れ込む。
fr-03

パスコースが空いている様なら、フィクソからパスを貰い、ピヴォとの連携で攻撃する。
ピヴォとワンツーが出来れば理想かな。
fr-04


注意事項として、ドリブルで持ち上がる「つっかける」は状況打破で行えば良いが、通常はフィクソもしくは逆サイドに渡すのが理想的。
fr-05

ただ、長く持ちすぎるとプレスされるので、すぐに判断する。
また、パスの後に白丸斜線へ移動。
これで、相手も引っ張れるし、逆サイドにパスなら戻してもらって、逆サイドの縦のアタックを作れるし、ピヴォにもパスが出来る。

まぁ、地味だけどこれの連続です。
上下運動ををスピードアップしたり、ダウンさせたりはダイレクトパス、つっかけするフリ、等で調整して行うとベターかな。
たまに直接シュートしても、リズムを変えられるから良いですなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/150-a743c59f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。