メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セリエA10節終えて。

セリエAも10節を終えて、差が出るかも思いましたが...
プロベンチアというか昇格組みが意外に強い。
選手も面白いし、そこだけ見てもかなり脳ミソで遊べる。

で、ナポリはチーム自体のモティベーションが高いなぁ。
ラベッシやサラジェタも含め得点を取る駒、運ぶ駒、押し上げる駒と勢いがあってイイなぁ。
ユーベとの試合は問題あるが、勝った事は大きい。

サンプドーリアとトリノも面白い。
サンプにはカッサーノ、モンテッラ、デルベッキオと黄金時代のローマのトップがいたり。
トリノにコリーニ、ランナ、フォンターナのいぶし銀に、ファンタジスタのレコバまでいる。

内容とは別にそれが面白い。

ラツィオ、ミランは可哀想なぐらい微妙な成績。
10節でバロッタが頑張ったのにウディネに負けたし。
ロッキは「レアル・マドリードに行くのが夢」だそうです。
問題多いね、ラツィオ。
ダービー負けたし。

雑誌の「CALCIO2002」の記事もサッカーの雑誌としては微妙だけど、セリエだけを載せてる所、ゴシップな感じが丁度イイ。
ページの終わりに、ミランのジラとインテルのアドをイジった(想像での会話)が面白い。
「パルマ時代は良かった。」のくだりが特にツボにはまった。
あと、「チーム内のイジメが」もイイよね。
インテルはブラジル人差別(マイコン、セザールは地味で)でミランは陰湿なイジメで、共にパスが来ない等が笑える。

最近はプレミアリーグに資金が集中しているけど、アレもイギリスの土地目当てらしいとの記事を呼んで納得。
「ラツィオ、パルマを買い取るよりもマンチェスターシティー、アストンビラの方がはるかに価値がある」との内容で、イタリア市場ではミラノ、トリノ以外に価値がないと言い切っている。
実際にイタリア人のファンも減って、特に女性が顕著。
サッカーといえばゴシップとなってしまっているみたい。
フランチェスコ・ココの転職振りはなかなか。

で、単純にサッカーだけならリーガエスパニョーラが面白いけど、私は最近スペクタクルなサッカーをするセリエが好きだなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tozzi.blog88.fc2.com/tb.php/108-5b78987b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。