メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DVDみた 「モンスターズ/地球外生命体」「アイアン・ドアーズ」

どうもです。

あいかわらず、暇なんだか忙しいんだか、結局、暇だからDVDみているんですが...

インテルも勝ちきれない試合が多くて、泣くに泣けないっス。

と、言うワケでDVDをまた借りて来て見ている次第です。


最近の作品は面白いものが少なくて、困っています。

思い出せば、「マチェーテ」「キックアス」「レッド」ぐらい、バッカな映画の方が面白いとは思うんですけど~

最後に見た面白かったのって、何だろう?

思い出せないくらい、前かも。


今回見たのが、「モンスターズ/地球外生命体」「アイアン・ドアーズ」。


もう、ヨーロッパの中途半端な映画は見ないぞ~と思ってたんですが...

作品の情報を得たら、共にヨーロッパ映画だったんです。

まぁ~それはそれとして。


「モンスターズ/地球外生命体」イギリス映画


製作費が130万円のローコスト映画。

パッケージにはお馴染みのタラちゃんことクエンティン・タランティーノが称賛してるとか書いてありまして。

なかなか、面白そうなアメリカ映画じゃないかと借りたら...イングランド。


簡単なお話の説明。

NASAの研究船だか何だかが、アメリカとメキシコの辺りで爆発した。

研究船?の中に入っていた未知の生命体がメキシコとの国境辺りを飛散し寄生した、そんな背景。

未知の生命体のフォトで生計を立てている主人公のカメラマン(名前忘れた)が、現地で長期滞在中に所属会社の命令で社長令

嬢(名前忘れた)を保護してアメリカに送り返す様に命令される。

その女性を保護し、送り返す手配したのだが、手違いで安全に送り返す事が出来なくなってしまった。

その為、危険なルートにて国境越えをする事になる。


良くある話なのですが、批評家の話を一度読んで、現在書いているのですが...

丁度同時期に「スカイライン」と言う本気のアメリカ映画がやっていたワケなんです。

ですんで、すごい迫力のスペクタクルを感じたければ「スカイライン」を見てくれとのこと。


なにより、この映画のチャレンジスピリットが凄んですよ。

だって、130万円でSFを作るんですよ!

TVだって、もっと製作費を出しますよ!

それを130万円って...凄くない!

内容はスペクタクルと言うより、演出のくふうと人間模様。

頑張ってますよ。

まぁ~、安いSFですよ。


「アイアン・ドアーズ」ドイツ映画


ツタヤだけのレンタル作品と言う事で、アメリカ映画のつもりで借りましたが...

ドイツ。

あの、ドイツですよ!

交渉過ぎて、解らない表現が多い、ドイツですよ。

「SAW」「CUBE」シリーズと同じ、シチュエーションサスペンス。

この触れ込みで借りたも同然でしたが...

う~ん。

それなり。


簡単な内容説明。


銀行員の主人公が泥酔して起きたら、なぜか密室。

同僚や友達の悪戯だと思い、最初のうちはカメラを探したり何処かに人が隠れているのではと平然としていた。

しかし、半日経っても何のリアクションもなく時だけが経つ。

友達の悪戯ではないと思い始めた主人公が部屋をくまなく探すが、あるのはロッカーとネズミの死骸だけ。

部屋には大きな扉が一つ。


と、言ったお話。


作品的には閉鎖的空間で起こる事柄の為、緊張感があり面白い。

しかし、新しい気付きは少なく非常に古典的。

思っていたほど、練りこまれた作品では無かったのが後々解るので、若干、興ざめしてしまう作品です。


まぁ~、ドイツの映画だし、これが限界なのかもね~



あと他に、2作残っているので、頑張ってみないとなぁ~

「エクスペリメント「ノースーツ、ノーライフ」の2作。
スポンサーサイト

コパモテギの開催じゃ~

だんだん、乾燥してきて風邪もひき始めている人もいるんじゃないかと思いますが...

知ったこっちゃないっス。

頑張って治せ!

と、言う事で、また、サッカーします。

サッカーしましょう。

サッカーがしたいんです。

「安西先生!」


ですので、サッカーします。

予定は以下のとおり。


『コパモテギ』IN瀬谷※コートを取ってくれたモテギさんに感謝して、モテギさんに会ったら一礼するように!

日時:平成23年12月4日15時~17時
場所:今川公園サッカーグラウンド
最寄りの駅:相鉄線二俣川駅から徒歩15分

参加のご連絡は11月10日の日没までに返信をヨロシクッス!


みんなに言っておくが、これはただのサッカーじゃない...

魂の取り合いじゃ~!


うざい文章を最後まで読んでいただき、有難う御座いました。

DVDみた。「メタルヘッド」

部屋にAVアンプを完備したので、3chであるんですけど中々の迫力で映画を見る事が出来るようになりました!

で、土曜日に王様のブランチで「メタルヘッド」という映画を取り上げていたので、若干気になり早速ツタヤへ。




「メタルヘッド」スペンサー・サッサー監督(制作ナタリー・ポートマン)


あらすじは、母親を事故で亡くした少年TJとその父が、父親の母(ばあちゃん)の家で破滅した生活を送っているある日のこと。

あるキッカケで、ヘッシャーと言うならず者が、ばあちゃんの家に居候するようになり、そのヘッシャーが彼らを悲しみから立ち直させると言った内容です。


ヘッシャー自体がどうしようもない、ならず者(メタラー)で、彼らの導き方が非常に雑。

しかし、それが面白い。

途中から、国民的青い猫型ロボットを連想しつつ、本当はヘッシャー=キリストって言う設定だとは思います。

それにしても、ナタリー・ポートマンが好きになる映画でしたねぇ~

出ました、タニヤマシステムの巻

ここに来て、全勝とは...

監督をケイタにして、自主的にGKとなったタニヤマ君のタニヤマシステム。

全て、ウノゼロの4勝とはDSの底力恐るべし。

ただ、闇雲にタニヤマ君のGKと言うワケでもないんです。

勿論、カテナチオスタイルでもなく、カミカゼアタックでもなく。


ケイタの管理により、完全分業化して攻撃と守備をハッキリさせたのが良かったのかもしれません。
(個人的にはもっとパスの回る攻守の切り替えが出来る感じを目指してましたが...)

主なところで、ワシことトッツィを完全な守備専門にして、もう一人をサポートに付ける。

前へ攻撃的な2名を配置して、サポートとして残っている選手と連動を図りながら攻撃をする様なシステムなんです。


ただ、ザックリしたところでの戦術だから穴は沢山あるんだけど、タニヤマ君の元々のセンスの良さで完封出来た感じです。


関根君のバランス感覚と流れを読める落ち着きが、得点で活きている気がする。

勿論、フィニッシュをしっかりと決めた、ケンヂもヌッキーも良かったと思う。

運ぶ仕事となった、ケイタとMK2もバランスを考えて上手に守備をコントロール出来ていた。


しかし、穴なんですよ心配なのが!

中央に出来る、攻守分業の為に出来てしまう、パスを受ける要の重要スポット。

そこに攻撃専門が入れないんです。


反省と言う点で聞き流して貰えれば幸いです。


ケンヂの場合、足裏トラップを余りしないのが出せない理由の1つ。

そうなると、純粋に中央に降りて来るだけで、マークと共に来てしまいます。

足裏で止めないので、若干(1秒程度)リズムが遅れ、マークのプレッシャーを受けバタバタとしてしまいます。

勿論、全部を足裏とは言いません。

その肝となるエリアで仕事が出来ないと、折角のテンポ良い繋ぎが悪くなってしまいます。

ですから、<提案>「2タッチプレー」する気持ちで動いたらどうでしょう?


ワシも判断能力向上の為に最近、個サルではタッチ数を減らす様にプレーしています。

動きの量が多くなるので疲れますが、攻撃の向上の為には良いと思います。


ヌッキー(他のメンバーも)の場合、攻守の繋ぎをする動きのタイミングが良くないです。

経験の少なさが原因かもしれませんが、パスを出したい時に降りてこなかったり、位置が若干悪かったり。

ダイアモンド状のフォーメーションになった時、底辺の人がパスを出す際にサイドの選手がにマークと同じラインに居たらパスはカットされます。

フリーなら構いませんが、マークが付いているとなるとパスは出せません。

底辺に居る人とスイッチするつもりで、降りてくればマンマークでもなければ最終ラインに付いて来ません!

<提案>底辺の人とスイッチする感じで降りる動きをしてみてはどうでしょう?


言っているワシも、向上する為に、運動の為の個サルでは無く、技能向上の為に考えて頑張りたいと思います!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。