メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガのこと-新法によるマンガの不自由-

今日は何の日と言われたら...

迷わず、アフタヌーンの発売日と答えましょう。

昨日はヨドバシにシュレッダーを買いに行ったり...

ドリブルスポーツに、デスポルチのスエット上下を買いに行ったり...

デスポルチのボアビスタを買ってみたり...

出費がスゲー。

上記のシュレッダーは会社の買い物。

ポイントは私のモノ。

まぁ、平和な一日だったことか。


が...数日前のニュースで、

「東京都青少年の健全な育成に関する条例」(青少年育成条例)

の改正案を提出する運びと、報道が流れた。


成人の立場で言えば、「子供の為に不健全な図書はない方が...」

正しいのでしょうが、個人としては反対です。


現行条例が「不健全」性を「性的感情の刺激」「残虐性の助長」「自殺や犯罪の誘発」という比較的あいまいな表現で規定しているのに対し、
改正案はこれに「青少年をみだりに性的対象として扱う風潮の助長」、
つまり「青少年性的視覚描写物」という特定のジャンルの表現そのものを「不健全」なものとして追加、制限の対象に加えている。

改正案は、漫画やアニメなどの登場人物のうち、
服装や所持品、学年、背景、音声などから「18歳未満として表現されていると認識されるもの」を「非実在青少年」という新語で定義する。

「非実在青少年」による性交などを「みだりに性的対象として肯定的に描写」することで
「青少年の性に関する健全な判断能力の形成を阻害し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの」で、
「強姦等著しく社会規範に反する行為を肯定的に描写したもの」も、不健全図書に指定できるようにした。


何が反対かというと、こういう形で、記事を読むと性と道徳に対しての記述に対して非常に敏感に扱われていること。

簡単に言えば、事と次第によれば少女マンガは全滅です。

「非実在青少年」のくくりは強烈で、グレーとされていたファンタジーも対象になるわけです。

エロ小説はOKで、少女マンガ的恋愛はご法度とは如何なものか...

現行案でいけば、少年ジャンプ以外は対象になるのでは...


表現の自由以前に、制作限界域を設けられれば、リアリティのある作品が大多数なくなるわけです。

勿論、アフタヌーンも例外ではなく。

といっても、アフタヌーンはさほど影響はないのかとは思います。

んっ!

「性的感情の刺激」「残虐性の助長」「自殺犯罪の誘発」!?

モロ直撃やん。

この雑誌、感覚的なトラウマ作品が多いのですよ。

その中に含まれるのではと...て、いうぐらいの影響があります。


子供の時には、ゴルゴ13を見ても絵が汚いで完結しエロだけ注泌したものです。

それは今も昔も同じはず。

「BOYS BE」を読んで、エロいぞと感じ。

「電影少女」を読んで、なんだかエロいぞと感じ。

「南国アイスホッケー部」を読んで、何でエロにするのと感じ。

それでも、性格がねじ曲がるほどの事はないと思うんです。

こっそり楽しむのも、悪くないのでは?


矛先がマンガに向くのが非常に残念です。

あくまで、東京都内の話なので...
スポンサーサイト

傷だらけのインテル

なんともかんとも...

リーグ戦のキェーヴォに敗退し、そして昨日はCLでした。

怪我人続出で、控えが若手中心というのは心細い。

そんな中のトゥエンテ戦。


結果から言えば、勝ちました。

が、前半の気合の空回りで、DFの崩壊ぶりにはヒヤヒヤしました。

だって、37歳が2名と34歳と32歳ですよ。

そんなDF陣のボロボロラインです。

個人的にはコルドバのSBは異常な怖さを感じます。

前のビアビアニへとのコンタクトの悪さが露骨に解ります。

相変わらず、高さとパワーは最高のマテラッツィですが...

キック精度と縦の動きが辛そうです。

何せ、去年引退を考えていたマテさんですからねぇ。

油ギシュなオヤジ、サネッティも去年ほどの慎重さが減ったかなぁ~と。

箔が付いて少しサネッティも、試合中の我が強くなったかな。

それでも、あの歳で最終ラインへ切り込む姿はヤバいです。

で、ルッシオ...

若さのアピールはイイんだけど、そのモヒカンはチョット...

プレーについては取扱説明が必要な存在です。

例えば、「流れが悪いと、ボールを持って最終ラインから上がります」とか。

まぁ、味なんでしょうけど...


そんな中、トゥエンテ戦前半は初めの15分がハイペースで攻めたてる。

が、点数の香りはしない。

徐々にペースダウンと共に30分には完全な相手ペース。

何処となく、相手の守備ブロックに弾かれカウンターをくらう。

特に10番のブライアン・ルイスのプレッシャーに左サイドが崩壊。

で、スコアレスで前半終了。

しいて言うなら、サントンとコルドバを入れ替えた方が...と思う。

前半の功労者はGKカステラッツィ。


後半、前半と同じくハイペースで攻めたてる。

これが数回にわたり、良い感触の攻撃。

そんな中、エリア内をピンボールの様に弾けるボールに、カンビアッソがシュートで得点。

これを皮切りに、相手の動きが変わる。

点を取られたので、守備ブロックを崩して攻撃をするトゥエンテ。

これが、インテルにとっての好機。

前半と打って変わって、エリア中央でボールが動き始める。

そして、試合は終了。


なんとか、CL決勝に進出を決めたのですが、1位通過をかけて次回も勝利が欲しいところ。

TUTAYAで物色。

2か月ぶりにTUTAYAに行ったのですが、やっぱり好きです。

本屋とかレンタルショップ、雑な洋服屋さんはフェーバリットに好きです。


最寄りのTUTAYAの店員さんは切れ味が鋭く...以前に...

店員さんの横を通り過ぎたら、坊主の店員が、

「何かお探しのもの、ありませんか!?」

聞いてもいないのに、唐突に...しかも元気。

「大丈夫です」と答えるも。

間髪入れず、「何かお困りでしたら、いつでも呼んで下さい!」

「どうも、有難うございます」と、言うのが精一杯。


この私がですよ!

先手を取られた上に、不意を突かれる始末。

恐るべし、ソリッド坊主店員。


そんな最寄りのTUTAYAですが、CDジャンルの細分化が開店当初に比べ進化してます。

かれこれ10年ぐらい通っていますが、凄くなっいるなぁ~と。

いわゆる、J-POPもジャンル分けされるとHMV以上。

J-POPを分類するにPOP、パンク、ヴィジュアル、ロック(ガレージ)、メタル、ダンス、ユーロ...

挙げるだけでもこれくらい。

ですし、POPもバリバリ貼ってある充実ぶり。

※POPとはお店の人が注目して貰う為に、コメント書きやオススメを促すアイテム


その中で、ガレージよりのロックのジャンルより、1つ注目。

「モーモールルギャバン」というバンド。

まだ、軽くの聞き流しですが、恐ろしいバンドです。

「コイツはテロリストだな」と感じさせる、POPへの揺さぶり。

音はサイケデリックで好きですが...歌詞がテロリズム。

曲タイトルの「パンティー泥棒の詩」...

歌詞もどうなんだかと耳を疑いますが、イイと思います。

個人的にはフジファブリック的な音(オルガンの音のせい?)に聞こえました。

コイツは世に出たら、「神聖かまってちゃん」ばりにマズイのではと。


それに、ディスカスでマンガのレンタルも始めた様ですしTUTAYAの先が知れません。

ミラノダービーの敗戦

負けましたねぇ~。

PKで負けるとは思いませんでしたよ。

そもそも、後半から寝てしまったので...


ダービー自体もイマイチの削り合いでしたし、面白くはなかったなぁ。

それにしても、怪我人多い。

オビ、ミリートも怪我で離脱。

年間通して、ベニテスのプランが見えないのだ少々痛いです。

監督人事でモラッティが言っている様に、解任はないので若干安心。

途中解任で、結果の出せるほどセリエは甘くないですからね。


来週のCLが心配ですし、トゥエンテですからね。

相手はオランダ王者。

普通に優しくはないです。

最終戦まで、持ち越しになるくらいなら...

さっさと、決着付けて貰いたものです。

渋谷にお買いもの。

昨日は久しぶりに渋谷までお出かけ。

と言っても行ったのは靴屋とギャラリー2。

お金の使い方が、最近荒いので...洋服まではチョット。


そもそも、渋谷に行く理由はサルシューズのサイズが揃うのは渋谷だけ。

かと言って、1万越えのシューズを試着しないで買う勇気はありません。

お望みのシューズがあればと...


ミズノのシューズが欲しかったのに...

サイズがない。

在庫が切れている様だ。

えーい、面倒だ片っぱしから...

で、結局デスポルチ。

前回使っていたのが、デスポルチのテッサ。

現在が、デスポルチのJKI。

買ったのが、デスポルチのパンダ。

前回のシューズはそこもトゥーも死んだので...

現在のは2カ月でトゥーが死にそう。

そこで、トゥーの強そうなパンダ。

サイズも24cmからなので、23.5cmが欲しいの我慢して。

が、意外にフィット。

コレは意外な一品かも。


で、買っちゃいました。

それと掘り出し物がロングスパッツ。

ギャラリー2で受注販売しているスパッツは1990円!

ナイキ、アディダス、アンダーアーマー辺りだと1万ぐらいするのにが、安い。

今回は消耗品を補充して終了。


帰りに、ブーツとローファーが最近気になるので靴屋へ。

たっかぁ~、ブーツが5万超えとる。

やめやめ...

目につくのは高額商品。

普通に高い3万のブーツに目も触れず。

チぺワブーツ他。

思い出にして、またの機会に。

マンガのこと-百舌谷さん逆上する-

ここ最近マンガを読んでいて思うのは...

「このマンガの何が面白いんだろう?」です。

商業的になってきた、マンガ業界も「このマンガがスゴイ」といった情報誌を出すほどですものね。

実際、その情報も手に取った時には古い情報になっているんです。

で、自前で買っている雑誌2つの中に「月刊アフタヌーン」があるんです。

この雑誌、何が凄いのかと言うと、簡単に人殺せる鈍器的な重さと、向かう方向性に秩序がないんです。

良い意味で自由。

載せているラインナップどれをとっても...


その中で、異彩を放つのが、

「百舌谷さん逆上する」(4巻刊行)篠房六郎。

ツンデレの小学5年生が主人公、百舌谷小音(もずたにこと)のツンデレである為に色々な事件がおきると言った内容。

まぁ~早い話が、ツンデレの為にコミュニケーションがうまく出来ないがゆえの葛藤と同級生他の珍事件。

マンガだから変な人達が近所に生息していたりと、要素としての萌えを完全に逸脱した感じが面白い。


それぞれの人間(小学生他)の悩みが、間違った方向に進む展開。

解決をしなくても、した様な気になる様子。

子供でありながら、子供の中の大人の部分が葛藤として現れる感じ。

そこに、決定的にダメな大人たちの存在。


上記がギャグなのかシュールなのかコメディなのかドラマなのか...

正直なところ、展開が凄過ぎて彼らの日常に目が離せません。

と、言ったところがこの作品の見どころ。


アフタヌーンついでに、今、個人として面白いと思うのが、

「弾丸ティアドロップ」(1巻刊行)稲見独楽

「謎の彼女X」(6巻刊行)植芝理一


この2作品。

共に恋愛要素を含んだ、青春ラインのストーリー。


「弾丸...」については昭和日本的な高校生のノスタルジック。

思い人はヒットマンという発想。

何とも、B級日本映画が出来そうな要素が盛り込まれた内容。


「謎の彼女X」は思春期真っ只中の学生。

手を繋ぐにも、やっとな感じだけど...

彼女たちのコミュニケーションはお互いのツバを舐める事。

何だろう、変態要素...

が、より変態に思った方残念。

指にツバを付け舐めるだけ。

彼女たちの変わった習慣を綴った内容です。


今回紹介した作品は変態が多いですが、アフタヌーンには特殊な作品が様々です。

かのハンターハンターの作者が、「アフタヌーンでやりたい」という程の自由さ。

きっと、ジャンプって厳しいんだろうなぁ。

帰ってきた、音楽のはなし

ずーっと以前に、音楽の個人的主観を垂れ流しをしていましたが...

思い出してみたら、2007年の内容。


「ただ、2,3年前に海外で流行ったジャンルが日本の流行ジャンルになってるから…
ポップパンク→ガレージ→エモ→MIX→クラブダンス(現在)だから、MIXかな。」


当たらずも、遠からず。

ついでに、同じ2007年の内容。


「MIXで言うとリンキンパークとかロブゾンビ、STATIC-X、ザ ミュージック、フランツフェルディナンドがその時期の流行。
ただ、エモの流れが残ってるから夏あたりが変わり目かなぁ。

...今はUKが音楽の中心になってると思うんだけど、USのスマッシュヒットがここ5年、黒人中心のソウル、R&Bだから面白みがない。」


で、今はどうなんでしょう?


個人として感じるのは、クラブダンス的なブレイクビーツは去年あたりから良く聞くなぁ。

サカナクションやスクールフードパニシュメント他、有名な人も○○MIXで曲だす始末。

あと、レゲェ調な音作りがあるのかなぁ。

適度に当たっているので、3年遅れは間違っていなかったようだ。

ただ、大きく違うのは「世界が共有する時代になって来たなぁ~」です。

3年前には話題性の無かった、動画共有サービス。

言うなれば、「You tube」や「ニコニコ動画」。

そのせいか、世界的に好まれる趣味が同じになって来た様な...?

宣伝にしろ、自主広告にしろ、自主制作における気軽さが定着してきたね。

市町村が地元のPRにYou tubeを使う時代ですから。


それで、思うのが...アイドルの存在。

お手軽アイドル的なノリで、自主的に配信できるワケですから、これは音楽業界へのテロ行為です。

主に最近では「ヴォーカロイド」の存在も脅威です。


CD不況の世の中で、レコード会社が衰退し、潰れていく。

ワシも音楽配信や動画共有の恩恵に預かり、楽しませて貰っているので文句はないが...

小規模コミュニティで楽しむ様になり、大規模な世間というコミュニティの存在がかなり軽薄です。

その為か、世間の認知がなされていなくても、お構いなしな現状です。

結果として全国的に認知されたものもありますが...例えば。

AKBも全国規模になったご当地アイドルであり、お手軽アイドル。

ジャニーズのセット的な関ジャニ∞も、下積みを終えた地方アイドル。


そう考えてみると、小規模コミュニティから活躍して(?)世間に受け入れられる場合もありますが...

「CDが売れるてるけど誰?」ってのも良くありますよね。

前述したヴォーカロイド、「初音ミク」ですが、世間には伝わっていないと思うんです。

あと、なんかのオーディションで受かった歌手など...

知らぬ間に、どこかで誕生してるワケです。

それがネット配信で世界に伝わると言うんですから、情報を持たない人間は永遠に理解はないんです。

そんな状態だと、CDは一部でしか売れないですよね。

CDやDVDは役目を終えたんですかねぇ~。


あと、動画共有しているため音楽の流行りは並列化しているので...

今、音楽の中心地は日本だったりするかもしれません。

オリエンタルな音楽の日本ではなく、日本的な小規模コミュニティの何かだと...

逆に日本では、ライブ力(りょく)がないと残る事が出来ないのかなぁ。

ですので、世界のトレンドは「自分のアイドル」。

傾向は引き続き、クラブダンス・ブレイクビーツ主体のPOPだと思います。

懐かしのバンド復活も盛んですねぇ。

にしても、世の中のコミュニティの多さについて行けません。

CL予選4節目

なんと、後半...寝てしまいました。

インテル対スパーズ戦ですが...

何も言う事ありません。

一言、言うなら、ベイルってさぁ強いよね。

それだけです。


それでは気持ちが収まらないので、ミラン対レアル。

何でしょうねぇ~。

噂は聞いていたけど、去年のインテルの様な安心感をレアルに感じる。

それはジョゼの力なんですかねぇ。

で、非常に面白かったのがロナウジーニョをインザーギに変えた所から。

確変て、インザーギ投入で起こるんですねぇ。

入った、20分間ぐらいがインザーギSHOW。

どこかのレオナルドも言ってたけど、特別な存在なんだそうだ。

理由なく点数を取るので、計算できない選手らしい。

泥臭い得点ではなく、SHOWなんです。


ラインギリギリの(多分オフサイド)の1点目。

馬鹿にしたような、インサイドダイレクトのゴロシュート。


イブラが抜け出した後のファーサイドへ詰めた後、

イブラがシュートをミスしてGKが弾いたボールを

インサイドにいつの間にかいて、ヘッドでゴール。
(コレもオフサイドっぽい)


終始、ベテランらしい時間稼ぎと、シャビへの後ろからタックル。

そして、上手な言い訳の仕方。

観客のあおり方。

上手な倒れ方。

どれをとっても、イタリア人的な美しさ。

兄ザーギはいつでもスーペルピッポなんだと実感した試合でした。


何にせよ、オモロイよねぇ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。