メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

己のハリウッド度

思ったほど、世の中は映画を見ないらしい。

そりゃ~そうだ。

皆、趣味はそれぞれ。

ワシ程、多趣味で浅知恵な人も少なかろう。


育った家が、映画をよく見るなら多少は観ると思う。

が、毎月映画やDVDを見るなんて事はない様子。

きっと、向上心が別ベクトルなんでしょう。

皆、自分磨きをしているに違いない。


で、何が残念かと言えば...

「知ってる俳優はジョニー・デップぐらいかな」だそうです。

えぇ~!

ジョニーはまだ、ハリウッドの「H」止まりですよ。

せめて、10人はハリウッドスターの名前を言って貰いたいものです。


まぁ、ロバート・ダウニーJrは知らんでも、イイですが...

メル・ギブソンやニコラス・ケイジ位は知ってて貰いたい。


たまに書いている、映画のお話の大半は無駄ってことでしょぉ~。

ナンジャロー。

キアヌ・リーブスを女だと思ってたヤツ。

はぁ~。


助けて中村獅童!

あなたのパフォーマンス、スパイダーマンの格好をしても、皆の心に届いてないですよ!

アメコミ大好き中村獅童...


普及活動をせねばなるまい。

一から、ハリウッドを!

映画を!


で、何から始めれば...

映画の入口って何なんでしょう?

教えて!

教えて晴男!

教えて長治!


はい、この時点で、おいてけぼりのアナタ。

晴男は水野晴男(映画ってホントイイですね)。

長治は淀川長治(さよなら×3)。

です。


促進ってホント大変です。

門が狭ければ、入口の説明も簡単ですが...

映画の門は限りなく広いので...

困ったものです。


キッカケですかねぇ~。

映画の宣伝をしている部門の方も大変だぁ。

だって、キッカケがない奴らにキッカケ作りするワケなのですから。

年に1本観るかどうかの人に、エフェクトが凄いゆーてもねぇ。

アバターですよ!

これ、アバターの事よ!

これみよがしに、VFXとか言うものなら...

赤っ恥です。

最近はVFXって言葉が過去になりつつありますからねぇ。

CGや3Dで代用さちゃうから。


まぁ、コレからは入口づくりから考えないとダメですね。

入口かぁ。

入口ねぇ。

ジャンルもあるし。

マイッタヨ。
スポンサーサイト

ガンダムの町、下井草。

昨日会った方にはカタッパシから話しましたが...

下井草ですよ!

杉並の!

解ります!?

この感動!

サンライズですよ!

あそこで、幾多のガンダムが生まれているんですよ!


お・わ・か・り。


解らない人に説明するのも、アレですが...

ホント、アレですが...

アレですよ!

マジで!

アレレって感じです。


ガンダムシリーズの制作スタジオがサンライズです。

解りやすく言えば、トトロのスタジオジブリを見に三鷹に行ったのよ!オホホ。

という話です。


仕事で近くに居たので、後生に一度は行っておきたかったんです。

仕事で杉並の仕事が入ったと聞いた時、頭の中は...

ガンダーム!ガンダーム!ガンダーム!ガンダーム!の杉並。


しかも、単独で書類を届ける機会があれば、探すでしょ。


が、実際のところ...

前を素通りして、この辺なんだけどなぁと、言う様。

諦めて、裏手に回ってみたら...

あの会社のエンブレム。

丸二つが交差するあのエンブレム!

そう!

サンライズ!

この感動、誰に伝えたらいいか分からず、ケイタとケンヂとヤマウチとスガヌマに送った。

誰一人、反応せず。


ホント、アレですよ。

アレレですよ。


ついでの駅前のブロンズ像にお賽銭をあげ様としましたが、どしゃ降りの大雨のため退散です。

あぁ、ラストシューティングのブロンズ像にお賽銭、投げたかったなぁ。

勿論、ガンダムのブロンズ像ですよ。


だって、下井草はガンダムで固められている街ですから。

はぁ~、下井草。

素敵な街。


ガンダムのノボリが、電柱に付いているステキな街。

下井草。

上でも中でもなく、右でも左でもない。

そう、下井草。

杉並区下井草!

有難う、サンライズ。

有難う、下井草。


ちなみに、ザンボット3もサンライズだよ!

銀魂も!

アレもコレも、サンライズです。


えぇっ~?

何?

エヴァ?

エヴァですか...

アレは別です。

確かスタジオは武蔵野市だった様な気がします。

移転したんでしたっけ?

まぁ、どうでもいいです。


重要なのは下井草にワシ降臨です。

CLのインテル2戦目。

前回のトゥエンテ戦はドローでしたねぇ~。

あいも変わらず、面白くない試合の連続ですが...

ただ、ここ最近のシュート数の多いこと!

コレが、ベニテスのしたかった事なのか!?


パンデフとミリートが怪我なのに召集されていますので、何がしたいのやら。

不満を言っている、キヴとマイコン。

不満を言われている、エトー。

モウリーニョの呪縛が解け、W杯のうっ憤を晴らしたいエトーの気持ちもわかります。

まぁ、間を取って、コウチーニョ頑張ってもらいます。


今シーズンはリーグにしろ、CLにしろ、パッとしない試合が多い。

パーフェクトな貫禄ある試合が見れてませんね。

守備的な監督から、攻撃的な監督への転換は数カ月でどうなるものでもないでしょう。

心配はバンディエラのサネッティがいつまでも健康であればと願いたいです。


今回は相手も不満身創痍での試合です。

ブレーメン...

強そうな名前だ。

侮れないぞ!


インテル...

ナンパな感じがする。

今にも、崩壊しそうな感じがする。


とにかく、みんな仲良く、勝ち点を取って、予選くらい突破しましょうよ!

あぁ~、イングランドの刺客スパーズが、怖いです。

今から、チビっています。


なんだかんだで、死のリーグですから。

オヒサ。

久しぶりの日記!

とりあえず、この前のリーグ戦。

1勝3敗。

惨敗に近い結果ですね。

ワシが頭打って、試合が止まった時の得点らしいですねぇ。

まぁ、勝てて良かったです。


気になるところは...完全にDSは相手チームに舐められています。

攻撃の仕方にしろ、守備の仕方にしろ、全て曖昧です。

攻撃は全体的に遅く、仲間のフォローがありません。

前に出てお終いか、パスを出して止まります。

良く動くのはヤマオさんくらいです。

とりあえず、走らなくていいですから、パスコースを増やしてあげて下さい。

それと、攻撃のフォローが足りないです。

まずは全員でフォローしないと!


と言っても、前回はワシも反省しています。

結果が欲しくて、走り周りましたが逆効果だったようです。

我武者羅もダメですね。

現在のメンバーでなるべく頑張りたいので、ある程度助け合いをしましょう。

映画みた。(ネタバレあり)-BECK-

久しぶりに、映画館で映画みましたよ。

観たのは「BECK」です。

正直、映画化の話が出た時は監督は誰なのか非常に心配したものです。

その監督も、堤監督で「20世紀少年」の監督です。

実写で、マンガの様に楽しむことは出来ないであろうと残念に思っていましたが...

実際は観れます。

安心とは言い切れませんが、見れますし、魅せます。

役者に対し、若干の酷評がありましたが、それを吹き飛ばす良い演技でした。


ただ、残念なのは観た人の評価が、真っ二つに割れる事。

最悪という人。

最高という人。

主に中間層が欠落しているのです。

映画館でも、無言で余韻に浸る客と、ブツブツ言いながら文句を言う客。

映画を観るのが怖くて、試写会で見た方の感想を読んでから観たので、ダメージは最小でした。

ですから、ブツブツ言う人の気持ちは十分わかります。

だって、コユキが無音なんだもん!

だってそうでしょう、観に来たんだもん。

それなりのものを観たいでしょう。

が、演出はそれなりに良かったんです!


ライブの雰囲気。

音の質感。

それを埋めるだけの、演奏の演技。

カメオ演出の蝶野や有吉、竹中直人他。

配役の抜擢もそこそこ的を得ていて、感心しました。


ここまでが、映画としての感想。

原作好きとしての気持ちは...下記のとおり。


原作好きと原作者に優しい映画です。

コユキの無音は原作者からのお願いだし、趣味の悪い原作からの変更があまりなかった。

削られた、重要な場面の数々については非常に残念。

実際のマンガでは数年の物語ですが、半年足らずの物語に感じました。


削られた場面として↓

・千葉の障害のある兄弟のはなし。

・コユキのギターのくだり。

・コユキとサクの自主退学のくだり。

・武者修行のツアーのくだり。

・海外での評価されたくだり。

・エディーの死のくだり。


他にも沢山ありますが、上記がなかったのは残念。

映画を分割せず、1回で撮るに当たりしょうがない決断でしょうが、非常に残念。

特に、作品の中核を担う、「ルーシー(銃痕付きギター)とエディの死」は切れなかったのではと...

アレがあっての、グレートフルサウンドの衝撃だったと思います。

それを盛り込めば、コユキの無音についての評価が変わったのではと、思います。


作品中の急な場面展開による、竜介の緊迫感の意味が伝わらない客もいたと思うし。

それは上記の欠如によるものだと思う。

それを入れただけで、内容はもっとしまったものになったと感じた。


と、講釈を垂れましたが、実際は見ても良いレベルの邦画だと思います。

ここ最近の洋画の中身カラッポ具合より、邦画の「はじめはイマイチ面白くないだろうと思ったが...それなりに楽しめた」が、多いと思う。

ですので、音楽が好きで、ライブにたまに行く方なら、体で楽しめます。

なにより、アニメ版「BECK」より面白いです。

リーグ戦10-11の3節

初戦から飛ばしましたねぇ!

何にせよ、3勝は大きいね。

まぁ、3試合目以降は退席していたので...

アジュパーダに勝ったのはすげー!

でも、5位なのは相変わらずです。

現在の勝ち点は11だから、毎節6点づつ積み重ねたいです。

あとそれと、他チームからケンヂの活躍が目立ったようです。

個人的にはケイタの活躍の方が...

だって、ミラクルボレーのパスからのヘディングですから!

カメちゃんの慌てようがGKから良く見えました。


次回もこの調子で、勝ちをゲットしましょう。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。