メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガのこと-地雷震-

知る人ぞ知る作品でしょう。

「地雷震」(全19巻、文庫全10巻)高橋ツトム。

有名なのかは知りませんが、スカイハイでTV化されていますので、作者は売れっ子です。

この作品を読む前に「鉄腕ガール」(全9巻)という作品で作者を知りました。

絵が激画チックなのですが、歪む様な描写や臭う様な描写があり、絵で見始めました。

が、「地雷震」は初連載作品だったらしく、絵は汚いです。

絵が現在の絵になるまでに6巻から10巻ぐらいまで我慢が必要です。

ですが、絵の臭うに関しては当時から表現されていています。


内容は主人公(飯田響也)がハードボイルドに刑事する話です。

エピソード形式で数話で1エピソードになっています。

時代を風刺した様な内容のエピソードがあり、かなりシリアス。

難事件、怪奇事件があり心理戦描写がすごく多い。


こう書くと、イマイチ面白そうに感じませんが意外に面白い。

犯人やそれに繋がる人物が特徴的で独創的。

だから、心理描写にキレがあるんでしょう。

作者自体が凄い仕事量で3~4誌を掛け持ちで書いているのです。

尋常ではない。

現在月産100ページ、というペースなのだから週刊の漫画家より多いんですよ。

人間の限界を超えています。

それで、この画質は凄いなぁ。

アシスタントが沢山いたとしても凄いよなぁ。

最近、「地雷震ディアブロ」として再開したので、ぜひ読んでみて。


ついでなのですが、「テルマエ・ロマエ」(1巻-刊行中)ヤマザキマリ。

2010マンガ大賞になって、書店で平積みにしてあるので気になっていて遂に読みました。

残念ながら、面白い。

まぁ、良くある話なのですが、作り方が面白い。

過去の人間が、現在にタイムトラベルしてといった話。

その人間がローマ時代の風呂技師。

絵が少女漫画チックですが、それもすぐ慣れます。

人間の観察が素晴らしく、タラレバに嫌味がない。

ギャグ漫画ではあるのだけど、そう感じない。

非常に悔しいのは、マンガ畑の人間ではない事。

普通の国際的な経験のある女性なんです。

旦那は外人らしい。

そうなると、マンガとして書いてる漫画家が可哀そう。

残念ですが、センスの良さに惚れ惚れです。
スポンサーサイト

マンガのこと-KAZE(完全版)-

月の半ばは新刊の発売がないので、今週はコミック買ってません。

で、以前読んだモノを紹介します。


「KAZE(完全版)」(全4巻)神崎将臣。

これを知っている人はマニアックな人ですね。

日の目を浴びる事もなく、ひっそりと完結した作品。

絵的、内容的には少年誌でも出せた作品。

知識としては当時、連載していた月刊雑誌が休刊という形で突如、廃刊となりました。

その当時、メディアミックス誌が洗礼されていなかったので、販売収入ではやってられなかったそうです。

その雑誌「少年キャプテン」は廃刊後、メディアミックスにより連載中の作品がアニメ化、映画化しています。

まぁ、その作品もマニアックですけどね。

で、「KAZE」はしばらくして、作者が鬱状態から脱して、別の作品を連載開始してから、完全版として発売されました。

4年ぐらいはあったと思います。

当時、17、8歳ぐらいだったので、ネットが普及しておらず噂から廃刊を知ったのでショックは大きかったのを記憶しています。

なんにせよ、そんな愛着のある作品です。

ちなみに廃刊とは知らずに、97年2月号を次の月に買ってしまい、悔しさの余り2冊とってあります。

数十年たったらオークションで儲けます。


作品の内容ですが、戦国フィクションです。

現在は「戦国バサラ」とか他にもあると思いますが、イワユルそれです。

で、現世で主人公が全国高校格闘技選手権の決勝での話から始まります。

決勝戦が終わり、談笑していると決勝の相手が何かに憑依された様に主人公(京志郎)を誘います。

主人公が道路に飛び出ると、勿論、車にひかれます。

で、タイムトラベル戦国時代。

ファンタジーです。

で、主人公を引き寄せたものが狂志郎(忍者の頭領)。

戦国の世で死んだ京志郎を逆転生した言うお話。

で、現世と戦国とのバランスがとれなくなり違う未来へとネジ曲げられ、現世が危ないという感じです。

文章にすると、非常に馬鹿なお話で、実際の作品は熱さが馬鹿に勝ってしまった感じです。


当作品の凄いことは何もないです。

単純に思い入れが強い。

そして、無事完結できた事。

18歳当時は噂や他紙に移った作家の愚痴の後書きや、噂で「もののけ姫」の製作費捻出の為と言う話があったくらいです。

実際、そうらしいですけど。

あと、コミック2巻程度で終わる話が途中打ち切りの尻切れトンボ。

この雑誌の廃刊によりワシのマンガ狂いに拍車がかかり、古本に手を出すようになったのですから。

ブックオフがあまりない当時は足で古本屋をハシゴしたものです。

あぁ~、懐かしい。


追加で、気になった作品「ドロヘドロ」(14巻-刊行中)。

たまたま、本屋で平積みしてある特徴的な表紙の作品。

内容はファンタジーそのもの。

ただ、ホラーやサイコといった言葉が似合う作品。

内容はトカゲ顔になった自分を元に戻すお話。

全編、魔法使いが登場しアグレッシブに戦います。

とにかく、内臓がよく出る話です。

面白くはないので、インスピレーションが合えば読んで下さい。

CLベスト8。

勝ちましたぁ~。

しかも、インテルらしくない勝ち方で。

それにしても、DFの集中力は凄かったなぁ。

前線で奪われると、エトー、ミリート、パンデフが猛ダッシュで自陣に戻る姿。

アイツに見せてやりてぇ。

アイツにも見せてやりてぇ。

そんなバロテッリは遠征でチームメイトをナーバスにさせるから、メンバー入り出来なかったのだろう。

推測ですけどね。

試合後のコメントや試合評価を読んだのですが...

試合開始で、アンチェロッティが座ったまま青ざめているような光景がありました。

観てる側は状況が解らなかったのですが、評論家いわく、インテルの予想スタメンが想像と違っていたらしい。

4-3-1-2の予想で守備的に来ると思ったらしい。

が、実際は4-2-1-3。

そりゃぁ~、モウリーニョだって馬鹿じゃない。

ただ、見てる側のワシもFW3枚って???

と、思ったが、前の3人の凄いハードワークで、強烈なプレッシャーをかけるので何故かの安心感があったなぁ。

それにしても、サムエル、ルシオ、サネッティ、モッタのプレーは正直、フォリオクラッセでした。

なんだかこのまま、決勝まで行けそうな気がするのですが...

次はバイエルンかマンUが良いな。

モティベーションを落とさない為にも。

そうそう、試合後、モウリーニョをアンチェロッティが事務所に招待してワインをあげたらしい。

共に、論争をしていただけに、この美しい後継。

コメントでもアンチェロッティ「素晴らしい戦いをしたインテルは最後まで残るよ。」

モウリーニョも「カルロにはチェルシーで勝ってもらいたい。」

なんなんでしょうね、この2人。

マンガのこと -真説 ザ・ワールド・イズ・マイン-

どうも、最近はサルについての事をほとんど書かず、暴走気味です。

そもそも、1週間やそこらでサルの何かが進化したならば...

...寂しくなりました。

だって、左で蹴れないんだもん。


で、DVDのこと書いたりしてますが、基本はマンガなんですよ。

ワシの成分の大体はマンガと映画と音楽と若干の水で出来ているんですよ。

その中の約40パーセントを占めるマンガに満を持して...

詳しい成分は下記の通りです。

マンガ 約40%
映画  約20%
音楽  約20%
サル  約10%
水や脂肪等の残りカス
    約10%

ですので、以前に読んだり、最近読んだマンガで面白いのを紹介してみようかと。

週に3~6冊ぐらいのコミックを買うので部屋は大変なマンガだらけ。

基本的なマンガの買いチョイスは表紙と背表紙のロゴと題名で適当に買います。

後、出版社、連載誌によって作風が解るので、「コレは!」っと勢いです。


最初の紹介するのは「真説 ザ・ワールド・イズ・マイン」(5巻完結)赤井英樹。

3年前くらい前に買ったマンガです。

元は週刊ヤングサンデーで連載していたのですが、ワシは豪華版の真説...を読みました。

調べたら、通常のでコミックは初刷りのみで絶版になったらしい。

作風は言ってみれば、暴力的でテロリズムな内容。

最終的には世界規模に発展するんですよ。

と、簡単に書いたけど...とにかく、絵が激画。

けして上手い絵だとは思えない、動的な描写で描き、表情がスゴイ。

下手な日本映画より映画的で、実際、映画化の予定もあったそうです。

深作の欣さんが亡くなったので、頓挫したらしいです。

そのことから解るように、バイオレンスです。

簡単な内容は...

主人公が暴走的であり破壊的な性格。

それに憧れるような形で助演のPCマニアがいます。

2人で爆弾テロを計画し実行、逃走する中で出会う人や事柄が交錯し「生」に対して誰が強者かを量る物語。


常識や倫理感がすっ飛んでるので、本能というモノが剥き出しの絵になってます。

読み終わった後、色んなものが馬鹿らしく思えるので滑稽です。

少年誌が好きな方は読めません。

青年誌で読み飛ばす様な作品で、まとめ読みじゃないと理解不能です。


あと、先週買ったマンガで気に入ったのが「さよならフットボール」(1巻)です。

青春もので、サッカー版の野球狂の詩の「水原勇気」です。

ただ、全2巻で次巻で完結します。

女子中学生の主人公が男子に紛れて、サッカーする話。

ただ、「さよなら...」とついているだけに、体力の差により事実的な別れをする内容です。

読まなくても、表紙とタイトルで内容は推測出来ました。

ただ、簡単なテーマだけに描写の仕方が上手で、笑いの挿み方も適当でした。

絵は白が多く見やすく読みやすい。

恋愛マンガに近い少年詩の絵柄です。

宜しければ、読んでみて下さい。

気付いた事。

ぁぁぁぁぁぁ~サルが上手くなりてぇ~。

1週間ぶりのブリちゃんです。

ブリトニーではないです。

ただ、太ってみたりするところは同じです。

そうだ、坊主にしたのも衝動ですし...

以外に通ずるものがあるんですね。

アメリカンアイドルぅ~。


で、仕切り直します。

この前の火曜の個サルで、妙な感覚がユラっと湧いたんです。

旗が揺らめく感じではなく、コップの底の砂糖が揺れる感じ。

沈澱してたアイツが湧く感じです。

何かと言えば、守備です。

今更なのでしょうが、獲るタイミングを感じたのです。

エスパーならぬ、エスパー麻美です。

なんと言うかねぇ、リズムですか...

上手く言えないのが、残念です。

パタパタと足を動かす際に、無理なリズムが生じるのです。

所詮、人類は2本足。

両足が地に着いてたり、浮いてたら何も出来ないですよね。

そこに弱点があったのです。

が、もう1つ。

距離をある程度とるのですよ。

ですから、シュートが怖い。

まぁ、人間どうしたって怖い物はありますよ。

残念ですが、未発達な状態なのでご容赦を。


アッ、DVDみた。

が、どれもこれもイマイチ。

なので、ゴメンナサイ。

ちなみに昨日買ったCDで「HADOUKEN!」なるアーチストがイイ感じ。

イギリス人ですし、ラップですし、サンプリングが凄いのなんの、南野陽子。

「お前はンたち、許さんぜよ!」

はじめまして、初代スケ番です。

とまぁ、韻を交えた恰好ですが、面白いイギリス人です。

聞きたい人はユーチューブにてご視聴を。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。