メガネの戯言

趣味の話を中心に、ど~~でもイイくだらな~~い戯言を綴った日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガのこと-年間アワード2012-

今年は時間がたつのが早く、マンガに触れる機会がどんどん減っているような気がします。

面白いマンガを発掘する作業も、メジャー情報誌やサブカル誌など多く取り上げるようになり、嬉しいのやら、寂しいのやら。

趣味で発掘しているのですし、個人の楽しみとして今年もやってみたいと思います。


本年度の傾向として、長期連載作品が増えた点とドキュメントマンガが増えたの2点です。

マンガバブルが落ち着き、商業誌のすそのが広がり、商品としての単行本(コミックス)が多数出版される昨今。

書店で置けるマンガの部数も限られ、人気商品を店頭やディスプレイし、新人商品の陳列が非常に隅に隠れる次第となっています。

マンガマイスターとして、背表紙から感じる作品の創造性が気になり手を取るわけで、置かれない事には触れる事すら...

寂しい限りです。

そんな中、はじめの一歩が100巻到達し、週刊少年ジャンプの作品の多くがが長寿。

新しい、血の入れ替えをするにも、編集部がそれを許さない。

メディアミックスの恐ろしさですかね。

もっと、もっと、新しいものに触れて行きたいそんな2012年です。


昨年の最優秀作品は「ましろのおと」でした。

相変わらず、面白い作品で引き続き愛読しています。

特にこれといった事は無いですが、2010年最優秀の「BTOOOM!」がアニメ化されたのが正直驚きです。

こうやって、評価したものが世に出るのがとても嬉しいです。


今回も選考に当たって、前回選考の目立たないけど面白い作品をチョイスしましたが、そのスタイルを継承しつつ、気になった作品も選考していきたいと思います。


以下が選考作品です↓


ヴィンランド・サガ
「幸村誠:週刊少年マガジン→月刊アフタヌーン(講談社)12巻刊行中」

北ヨーロッパのヴァイキングに生まれた少年の物語。

荒くれ者のヴァイキング育ちの少年が父の背中を追い戦の世界へ。

略奪、狂喜という、混沌の世界で少年は戦士となるが世界は彼を翻弄する。

登場人物の背景や心情が個性的に描き、各賞を受賞した歴史マンガ。


オールラウンダー廻
「遠藤浩輝:イブニング(講談社)9巻刊行中」。

高校生が異種格闘技の世界で泥臭く青春する作品。

けして、強くなく地道に練習し、人と出会うという普通なストーリー。

なによりも、細かな練習シーンや格闘のメンタルというリアリティーが面白い。

展開がテンポ良いので読みやすい。

(2010選考作品)


ばらかもん
「ヨシノサツキ:ガンガンONLINE(スクエア・エニックス)6巻刊行中※Webコミック」

都会人のハートフル田舎暮らしストーリー。

書道家の主人公がひょんな事から島流しとなり、慣れない田舎へ住む事となる。

そこで生まれた田舎の心温まる交流に触れ成長する様を描く。

荒んだ心が浄化される様な気持ちになる素敵な作品。


ヒナまつり
「大武政夫:Fellows!(エンターブレイン)3巻刊行中」

サイキックでバイオレンスでギャグな作品。

突如現れたカプセルから出てきた少女はサイコキネシスの持ち主。

それに絡まれてしまったヤ○ザの人たちは...

非道徳な中に道徳的なシュールさも併せ持ち、読んでいるうちに笑みがこぼれる。


秋津
「室井大資:Fellows!(エンターブレイン)1巻刊行中」

漫画家の父と、最悪な父に翻弄される息子の日常ストーリー。

横柄で天邪鬼な父の趣味の嫌がらせの標的とされる息子。

漫画家という特異な生活環境で、自然と大人となってしまう息子は...

「こんなのは絶対嫌だ!」満載の哀愁ギャグマンガ。



以上5作品がノミネート。



去年、一昨年と良作が溢れていたものの、今年は小粒で衝撃を得る作品は少なく残念。

名作となっている今のベテラン勢の勢いが強く、また、地震の影響か遠慮がちな傾向にもみえる。

その中で、持ち味を生かした作品を選びました。

選考からあえて外した、ラストイニング、グラゼニ、BE BLUES!などのスポコン。

王道な少年漫画がなく、銀の匙やハイキューと言った話題作はあえて未見として封じた結果...

本年度の最優秀は


「該当なし」


誠に残念としか言いようがない。

このブログを作るにあたり「このマンガがすごい2013」を見ましたが、このマンガで選ばれた作品にしても弱い気がしました。

勿論、「ヴィンランド・サガ」「ばらかもん」が下位ながら存在した程度。

その中でのノミネート探しは困窮を極めました。

正直、ノミネートした作品の「ヒナまつり」「秋津」が良作でイチオシ出来るぐらい。

残念ながら、今が旬と言えるものはありませんでした。


逆に新書を見た感じで、「奴隷区」「デストロ246」が気になる次第です。

ただのエロいマンガや、狂喜的マンガで終わってしまうかもしれませんが...


長く続ける価値のあるマンガ、マンネリし打ち切る必要のあるマンガとありますが、個性的で唸る様な作品を期待して、発掘して行きたいです。
スポンサーサイト

更新していなかった件②

更新していない間にあった話ですが...

集英社のジャンプSQが発行する「ジャンプSQ. Comic Selection」があるんです。

ご存知の方も居るかも知れませんが...

試みとしては面白い。

何が面白いのか?

それはですね...

新人の書いた読み切りをコミック化して、まとめて売るんです。

実際、読んでみました。

新人だけあって、表現が雑だったり、絵が下手だったり。

正直、寄付のつもりで買わない限りは価値は薄いかと。

ただし、コミックの開いて直ぐのページに編集部としてのコメントがあってそれが強烈だったんです。

宣言的なことを前置きにして、「売れるマンガを追求して」とのコメント。

編集部らしい、あっさりと営利目的な宣言にあっぱれと思ったんです。

集英社のここの所の営利的なマンガに残念に感じていまして、昔の様な強烈な個性が無くなった気はしていたんです。

で、この宣言を聞いて納得。

そりゃぁ~腐女子に向けた作品に傾倒するよね。

あの子達は脳内のドーパミンでフィルター作るから。

設定がアリなら全部がアリになりますものね~

って言う事に敬意を表して、集英社に万歳だなぁ~

マンガのこと 年間アワード2011

今年もそんな時期ですか~

あいも変わらず、マンガを読んでますが...

これといって良作は多くなかった気がします。

正直、地震のため控え目な作品が多かった気がします。

また、リメイクやリバイバル作品が多く、そちらの作品が気になるところです。


前年度の最優秀は「BTOOOM!」でした。

上記の作品はそれなりの評価を得たか、最近では本屋でのディスプレイの仕方や在庫数が増えた様に感じます。


今回も選考に当たって、前回選考の目立たないけど面白い作品をチョイスしましたが、そのスタイルを継承しつつ、気になった作品も選考していきたいと思いま

す。

以下が選考作品です↓


ましろのおと
「羅川真里茂:月刊少年マガジン(講談社)4巻刊行中」

津軽三味線の学園サクセスストーリー。

ダイヤの原石である主人公が師匠である祖父の死から、師匠へ近づくため青森から上京。

多くの人と関わり成長していく話。

作者が少女マンガ出身て事もあり、絵は柔らかいです。


ピアノの森
「一色まこと:モーニング(講談社)21巻刊行中」

町のはき溜で育った主人公。

ある日、転校してきたピアノコンクールの上位の少年と知りあい、また、元ピアニストの音楽教師との出会いをとおし成長していく話。

作品自体が長く、現時点でクライマックスに突入している事もあり選考しました。

既にメディア大賞受賞したりと、本来なら選考をしない優良作品です。


地雷震diablo
「高橋ツトム:good!アフタヌーン(講談社)3巻刊行中」

以前、紹介した作品です。

元刑事の主人公に特殊な事件が舞い込んでくる。

依頼人の娘を長とするカルト教団や宗教的な犯罪者が日本から独立を求め行動を起こした。

依頼を受けた主人公が阻止、奪還を求め動く。

既に有名な作者で作品の中にはドラマ化したものもあり、目立たない存在では無いですね。


アオイホノオ
「島本和彦:週刊ヤングサンデー(小学館)6巻刊行中」

原作者の島本氏の自伝的ギャグストーリー。

本人の大学入試から始まる、同級、知人を含めた青春葛藤と、エヴァンゲリオンでお馴染みのスタッフの片鱗を知る1冊。

個人的に「炎の転校生」に思い入れがあり、骨から楽しんでいます。


BE BLUES!~青になれ~
「田中モトユキ:週刊少年サンデー(小学館)3巻刊行中」

少年期から始まるサッカーサクセスストーリー。

山あり谷ありの野球マンガ「メジャー」のサッカー版。

動の画力と泥臭さ、少年の成長とサッカーへの執念を見れる作品です。


野ばら
「高田築:Fellows!(エンターブレイン/角川グループパブリッシング)2巻刊行中」

人情などのショートストーリーの連作。

読み切り形式の作品集扱いで、インパクトこそ無い。

安定した画力と構成力は秀逸で、現代に受け入れられるストーリーさえあれば、メジャー誌で連載も可能だろう。

悲しいかなショートで見せるうま味をメジャーに引き継ぐことが、いささか難しいかもしれない。

先行投資の意味合いで選考。


以上がノミネート作品です。


他にも沢山あるのですが...

ピアノの森、弱虫ペダル、へうげもの、ドリフターズ、ガンダムオリジンなど...

この選考にしたのは抜けた安定感。

また、今が面白い時期でもある事が選考理由。

こうして見ると、サクセス系の成長を楽しむ話が多い気がするなぁ~

あと気になったのが、前回同様に集英社が無い事です。

逆に、講談社の作品が相変わらず多いと、言う点です。


それでは今年の最優秀作品です。

『ましろのおと』

普通に面白いです。

「このマンガがすごい2012」でも3位とマンガ好きにも定評があるようです。

「赤ちゃんと僕」で知られる作者の人間を書く感情描写の上手さは相変わらず。

何よりも、サブカルチャーである津軽三味線を題材に少年誌で連載していること自体が驚き。


次点は『野ばら』。

「野ばら」については作品としての完成度と呼べるものは無く、単に短編であったことが最優秀に値しない。

連続して読めるドラマ性のある作品を期待したい。


実際、「ピアノの森」を最優秀作品にしたかったのですが、メディア大賞受賞作をあえて今出さなくてもと思い。


前回同様、オールラウンダー廻やラストイニング、弱虫ペダルなどを選出しても良かった気がする。

また、既に連載を終えた作品なども選考したかったが、その必要もないし...


それにしても、集英社の作品で唸るものが少ないのは残念。

「ZMAN」、「べしゃり暮らし」、「GANTZ」悪くは無いけれど、ベテラン作者の懐具合がこなれしている感じが...

もっと、新人に冒険させるべきではと、心配する限りです。


冬休みのお供に、是非、マンガでも!

マンガのこと -Fellows!-

最近思うんですよ~。

最近のマンガは個性が少なくて面白くない!

どこか昔のマンガを復刻したような内容だったり、キャラクター重視の内容だったりと...

個人の言う事ですから、無視していただいて結構。

ただ、ワシは面白くないんどす。

以前、定期的に講読している雑誌に「アフタヌーン」を紹介したことがあったと思います。

それから、また歳月がたち、新しい雑誌に出会ったのです。

それが「Fellows!」。

まず、知らないでしょう。

むしろ、知られていないんです。

この雑誌は雑誌でありながら、出版上は書籍扱いなんです。

ジャンプやマガジンといった刊行誌ではなく、流通上ではコミックや小説と同じ書籍扱いなんです。

大きな違いはバックナンバーで取り寄せることが可能なこと。

まぁ~、どうでもいいことですよね。



仕切りなおして「Fellows!」の紹介。

フェローズという隔月刊の雑誌で年間に6冊発売されます。

企画により、特別号が組まれることもありますけれども...

この雑誌のイイところ!

それがコンセプト。

「アニメや小説のコミカライズ作品を一切掲載せずに、新人を中心とした誌面作りを行っていく」

作り手による、作り手側の自由を持って作られる作品を載せた雑誌。

アフタヌーン以上に個性的で、非商業的。

自社以外の広告が載らない雑誌なんで、新人の自由度を伺える作品ですよね。

が、しかし...新人の為、誰が面白いと伝えたところで人には伝わらない苦しみはあります。

個人的には毎回読みきりを書く「野ばら-高田築-」が好きですね。

ショートフィルムやドラマを見たような、新鮮さを感じます。

人間模様を描く作品だから、みせ方、カット割等で「ほほう~、こうするのか!」という、古典的な驚きを感じます。

ウンチク垂れといなんですが、ウィキペにも出ていない方です。


また、なぞの多い雑誌でもあるらしいです。

実名責任編集者が存在しないらしいです。

これ自体良くわかりませんが、多分、雑誌編集者が口出しせづ、作者の個性をそのまま雑誌に載せているのではと思います。

これって、商業誌として考えたら凄いですよ!

趣味でやっている雑誌と同じですからね~。

ついでに言っておくと、この雑誌の出版社が「エンターブレイン」なんです。

知らないかもしれませんが...「ファミ通」の会社です。

そうです、ゲーム雑誌の会社です。

この「エンターブレイン」の破天荒ぶりには近年驚いております。

ゲームの攻略とかを行っている会社が、ゲームを作って発売したり、特殊なマンガ雑誌をつくったりと多岐。

元々は「株式会社アスキー」の一部門だったんです。

それが今ではメディアリーヴス(元アスキー)を吸収合併し、親を喰った形での成長なんです。

ゲーム部門は別の会社にはなってしまいましたけど...

それにしても、ゲームの世界から足を洗って10年。

ただのゲーム雑誌が、今ではワシを虜にする作品を作ってくれる会社になったと思うと、若干、元鞘ですね。

アニメのこと -あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。-

UEFAチャンピオンズリーグも終わり、サッカー自体もお休みに入りました。

ふと、思い返せば「バルサ強いなぁ~」で終わった感じでしたね。


そんなこんなで、サッカーとはまた別のお話ですが...


皆さん、アニメって見ます?

ご存知のとおり、フットサルのブログが最近はマンガばっかでどうしようもないことになっている昨今。

今度はアニメですって。

ホントどうしようもない感じですよね。


ただ、言わせて下さい。


「あのはな」は面白いです。


通称「あのはな」こと「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」という深夜アニメ。

原作はなく、アニメだけに作った最近では珍しいオリジナルなお話です。

何が面白のかって言えば...

次の展開に進むたびに面白くなるところ!

昔と違って、現在は1クール(3ケ月)で話を完結させるTVドラマに近い感じの区切りで制作が主流。

大体、12話から13話で完結するので、原作あり作品だと「どこまで作るのだろう?」「12話で足りるの?」が、気になりがち。

「あのはな」はオリジナルな作品なので、完結までのカウントダウンにハラハラしながら見れる所が正直うれしい。

とりあえず、簡単なあらすじ。


幼い頃は仲が良かった宿海仁太、本間芽衣子、安城鳴子、松雪集、鶴見知利子、久川鉄道ら6人の幼馴染たちは、かつては互いをあだ名で呼び合い、「超平和バスター

ズ」という名のグループを結成し、秘密基地に集まって遊ぶ間柄だった。しかし突然の芽衣子の死をきっかけに、彼らの間には距離が生まれてしまい、それぞれ芽衣

子に対する後悔や未練や負い目を抱えつつも、高校進学後の現在では疎遠な関係となっていた。

高校受験に失敗し、引きこもり気味の生活を送っていた仁太。そんな彼の元にある日、死んだはずの芽衣子が現れ、彼女から「お願いを叶えて欲しい」と頼まれる。

芽衣子の姿は仁太以外の人間には見えず、当初はこれを幻覚であると思おうとする仁太であったが、その存在を無視することはできず、困惑しつつも芽衣子の願いを

探っていくことになる。それをきっかけに、それぞれ別の生活を送っていた6人は再び集まり始める。

(ウィキぺより)


面倒なので、転記しましたが、こんな話です。


アニメ嫌いな方にありがちな、「オタクなはなしはチョット...」「ロリロリした女の子が沢山いるんでしょ?」がほぼゼロのノスタルジーな話なんです。

とてもセンチメンタルで、年がいになくトキメキを感じたり、キュンとする所が...

月9の様だったり、TBS系のセンチメンタルドラマな感じ。


「のだめカンタービレ」などの作品を放送している、大人が見て楽しめるアニメを作る制作スタッフが作っているので、楽しめるのでは?

木曜深夜25時あたりの放送なのでって言っても、後数話で完結ですので是非DVDで見てみてはいかがですか!?
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。